日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

3月末の庭

 

f:id:m-garden-life:20200329103821j:plain

今年は今までになくローズマリーがよく咲いた。と言っても、それまでが咲かなさすぎたのだと思う。品種名は忘れてしまったけど、やはり咲いてくれるのは嬉しい。

日本は雨が多いので地植えに向かないと園芸本に書いてあったので鉢で育てていただけど何度もうまくいかなかった。(水やりしなさすぎる私に非があったのだろうけど…)こちらは雨が少ない土地柄なので、思い切って地植えにしたらうまくいった。その土地その土地にあった育て方というものがあるのだと、当たり前だけど、実際に経験すると実感したのだった。

 

f:id:m-garden-life:20200329103843j:plain

バラの新芽も次々出てきている。ちゃんと生きていて、また会えることを嬉しく思う瞬間。

 

f:id:m-garden-life:20200329103948j:plain

ベニバナトキワマンサクもたくさん咲いている。この時期は本当に毎日の変化が大きい。(雑草が伸びて蔓延る速度も早いけれど…)

 

 

私は園芸店に足を運ばなくなった。ちょっと行こうかなーと思わなくはないんだけど、いやまてよ、と毎回思いとどまっている。そう思う理由は、これ以上世話ができないから。私はもう自分のキャパを知っている。去年、枯らした鉢たちのことは申し訳なかったと思っている。それに地植えだって、もう植えるところは無いんだ。

一番楽しい春の園芸店に行かないなんて、どうかしていると思うんだけど、今年は行くことになりそうにない。(もし行っても黙っていよう…)そうは言うものの、経済を少しでも回すためには行った方がいいんだろうな。

不要不急の外出をしてはいけない、なんてことになると、庭いじりは絶好の過ごし方なのかもしれないよね。