日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

ひとまず、これにて。

 

気がつけば、今日から9月です。お久しぶり(?)です。それなりに生きております。

 

f:id:m-garden-life:20190901094715j:plain

今年も私の恐ろしくデッカーイ!パンパスグラスの季節がやってきました。手を入れることができないので去年の枯れた穂もそのままだけど、それさえ見えないほどの穂が上がっています。 

あまりにも見事なんだけど、あれ凄いねー!とか近所の人に言われたこともなく、まぁそんなに皆は興味がないか、恐ろしくデカイ雑草だなと思っているかでしょう(汗)このパンパスグラスの周りも庭にしようと思い続けているものの、全く手をつけられておらず、整備できれば見栄えがするのでしょうけど。果たしてそんな日がやってくるかどうか…

 

 

私の庭で旺盛に伸びているのはヘンリーヅタ。

f:id:m-garden-life:20190901095510j:plain

実がたくさん付いています。実を見ると秋の気配が強くなるもので、秋生まれの私としては嬉しい。昔から夏が終わるのはなんとなく寂しいような気持ちがしていたけれど、夏が好きなわけではないから本当はいつも嬉しかったのだと思う。私が育った家族は皆誕生日が秋だった。

 

 

そして、極度の焦らし屋のレンゲショウマは…

f:id:m-garden-life:20190901095851j:plain

やっぱりダメかも。残り2つの貴重な蕾ももう咲く!というところまで行っていたのに、ある日水が切れて左側の蕾が萎れてしまい多分もう咲けない。右側の蕾はまだ生きているので開花を見れるかもしれないけど、今年はもうあまり期待しないでおこう。育つ環境が向いていないのと、私には緑の指がないのだな。

 

-----------------------------

 

さて、ブログは書かなくなると書かなくても平気になってしまうもので、そうなると私は写真を撮るということさえほとんどしなくなる。庭はまだまだ未完だけど、以前のように園芸メモみたいに逐一書く必要もない。今では庭が生活の一部となり、その存在が特別でなく日常的で、かつての熱量を注がなくても形をなしているからだと思う。

今まで何度となくブログをやめようと思ってきた。近年はそれが頻繁だった。理由は概ね上に書いたことと、書くことに楽しさを見出せなくなったということ。書き手が楽しく書いているブログは読んでいても面白いものだし、庭や植物に対する思いも伝わってくるけれど、残念ながら今の私のブログにそれはないし、今後それが復活することはない気がしている。

気持ちが失速しても結構無理矢理書いてきたのだけど、もう無理して書く意味がないと思っているのはブログは義務でも仕事でもないから。しかしながら今後一切ブログをやめます!とまで断言する潔さは今の私にはないし、過去記事はどこか誰かの役に立つかもしれないのでブログはそのまま置いておくけれど、とりあえずは休止することに決めました。

長らく読んでいただいた皆様、今まで本当にありがとうございました。2014年から始めた庭づくりと庭ブログも6年生になり、まだまだこれからではありますが、ブログはひとまずこれでお休みします。ここに帰ってくる日がくるかどうかわかりませんが、庭好き同士、庭を愛する気持ちで繋がっていますように。

 今まで読んでくださったこと、本当に感謝しています。