日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

今までの庭づくりの歴史、5年目

 

昨年、2014〜2017年の庭の変遷をブログに書いた。 

何気に結構人気のあった記事で、たくさん読んでもらえて嬉しかった。

 そこで今年は去年と今年の様子を比較してみる。ただ、庭のハイシーズンの5月初旬の庭写真を毎年残してこなかったので6月下旬の写真なのが悔やまれる。しかしこの角度ではどの道バラはあまり咲いているように見えないので、6月でもいいのかもしれない。最早過去に戻って写真を撮ることはできないし。

 

では今年の6月末の様子↓

f:id:m-garden-life:20180821191317j:plain

 

こちらが2017年6月末↓

f:id:m-garden-life:20170624144713j:plain

  

いつまで経ってもブランコの横辺りが決まらず課題なのだけど、

f:id:m-garden-life:20180821191317j:plain

庭のデザイン自体に変化はないけど、全体的なボリュームが出てきたのが功を奏している。板塀の向こうに見えるのは向かいのお宅の木々で、さらにその向こうには山が見える。いい借景になっているのはありがたい。まるで私の庭にある緑みたい。
しかし「まぁこちゃん家って、山の方でしょ?」と言われるのは非常にシャクで、「山じゃないし!」とつい反応してしまうのだった。自分ではほんのちょっと高台なだけだと思っている…

 

ちなみに今年のハイシーズン、ゴールデンウィークの頃は以下のような庭だった。

f:id:m-garden-life:20180909110908j:plain

まー、やっぱり全然バラが咲いている感じがしないけどね…家の外壁側に咲かせてるから仕方ない。

 

ここ数日は結構な雨だし、庭を撮ることもなく過去の写真を見返している。実際に自分の庭のことなのに信じられない、と思ってしまう。一番庭の美しい季節は本当にかけがえのない時間だったのだ。

 

今年は全国各地で自然災害が大変なことになっている。残念ながら今後もこの災害は減るとは思えないし、自分の身に降りかかるのも時間の問題だと思う。

私にできることは私の庭を作り続けることくらいなもので、いつかすっかり庭を失くすことも有り得る。生きていることも庭をできることも決して当然のことではなく、幸運なことなのだと思ってならない。だから庭への愛を減らしている場合ではないのだと思うしかない今日この頃。

 

 

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただくと励まされます。

ブログランキング・にほんブログ村へ