日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

おしゃれな種を播く春。

f:id:m-garden-life:20150527165549j:plain

このある意味ジャケ買い的な種を4月上旬に播いていました。
そして最近芽が出ました。



 

f:id:m-garden-life:20150527165605j:plain

端っこが破れた卵の紙トレイに。貧乏性故、一粒ずつ播きました。
ほぼ100%の発芽率。バイカラーのマリーゴールド優秀。



f:id:m-garden-life:20150527165625j:plain

斑入りナスタチウムは種が大きかったので、ポリポットに。
発芽はまだ2つくらい。



さらに今日播いたのは下の2種。

f:id:m-garden-life:20150527165650j:plain

ボリジは普通に育てたかったのと、そのとなりはまたジャケ買い
新品種らしいです。このソフトなカラーが素敵でしょ?
難易度☆☆という表示に「やってやろーじゃないの!」と息巻いたものの、
風の強い庭で播くのは危険なほど、ちいさーーな種でした。

ボリジは春播きなら直播きでも大丈夫なのだそうで、半分は直播きに。
ボリジの種なんて売っているの、初めて見ました。
地元に出来た新しい園芸屋さん、なかなかやるな!という感じ。


いやー、種播きって楽しいですねー。
でも、ホントに思うのは、種の袋のデザインって重要ってことです。

ガーデニングブームが来て久しく、最初は1998年くらいだっけ?
ガーデニングをしている人の年齢も下がってきているだろうし、
買いたくなるようなおしゃれな種袋だといいなーと思います。



にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村