日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

オールドローズ 'ブール・ド・ネージュ'

 

f:id:m-garden-life:20150601112447j:plain


どうしっても、オールドローズの'ブール・ド・ネージュ'が欲しくて、ああ、買ってしまいました。 「雪玉」という意味のバラです。女子ならお菓子の方が思いつくでしょうか。


もう3つ目のバラ。冷静に考えれば、買い過ぎだな。
1つ目:白色、2つ目:白に近いアプリコット色、3つ目:白色。
ホワイトガーデン目指して、白色でいきます。
家の外壁が黒系なので、白が際立つことは間違いないのです。


それにしても、まだひとつも花を咲かせていないというのにバラへの想いがずんずんと強くなっています。世の中のバラ愛好家(ロザリアン)のみなさんたちも、こんな感じではじまったのでしょうか。

手を出すまでは何だか高嶺の花っぽいんだけど、ハマるともう止められない。
まだ花も全く咲いてないのに、こんな想いにさせるバラって、本当にすごいです。

【バラ ブール・ド・ネージュ 'Boule de Neige'】

・ブルボン系
・返り咲き
・花径 6cm
・高さ1.5m×幅0.8m
・1867年フランス



さてバラを植えるためには、またあの大穴を掘らねばなりません。
さっむい中、鬼のように掘っていると、やってしまいました。

カナヘビちゃん2匹とカエル1匹を掘り当ててしまいました。
わーん、起こしてゴメーン!すぐに土の中に埋めておきました。 無事だといいけど。庭に埋まっているカナヘビ3匹確認済み。



f:id:m-garden-life:20150601112530j:plain

バラ園の方に「この一番元気のいい枝は横に倒しておかないと、この子ばっかりのびますよ。それで上の方ばっかりで咲いちゃいます。」と言われたので、素直に倒しました。
バラの頂芽優勢というやつですね。

頂芽優勢(ちょうがゆうせい)とは、
木の中でいちばん高いところに優先的に栄養が送られ、よく成長すること


そして、今年は剪定せずにこのまま育ててみて、来年からは好きに剪定してみてくださいとのこと。はい、素人なので、素直に言うことを聞きます。
(クロッカス・ローズの時は聞かずに勝手に切ったけど)



バラの土作りなどを参考にしている本。
剪定等にもとっても役立ちます。



 にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村