日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

ベリー類、支柱スキル、夢

 

最近、週末ごとに雨が降る。雨がたくさん降って以来、ケロちゃんたちがいつもの場所からいなくなってしまって寂しい。庭中を観察しているけれど見当たらない。今週末も雨の予報…。

 

庭はベリー類が実ってきた。ジューンベリーはたっくさん。

f:id:m-garden-life:20180514195330j:plain

 

ブラックベリーは小さな鉢だし、ほんの少し。

f:id:m-garden-life:20180514195403j:plain

 

 

そしてホルデュームの穂が出てきた。梅雨が近づいてくるような気配を感じる。

f:id:m-garden-life:20180514195454j:plain

雨に弱いから支柱をしてあげなくては。

 

支柱といえば、我が家に3本植えてあるホワイトレースフラワーには支柱が欠かせない。雨が降ったらぐねぐねになって大変。ドラマ「風のガーデン」では大雨が降る中、ルイと岳が支柱を立てて回っていたのを思い出す。

f:id:m-garden-life:20180514195914j:plain

必要な支柱だけど、無駄に目立ってもらっては困る。上の写真左側に写っている板塀の高さを超えたホワイトレースフラワーにも支柱をしてあるが、おそらく見えないだろう。むしろ後ろのモッコウバラの竹支柱の方が目立つ。我ながら自分の支柱スキルがアップしたことを嬉しく思う。

TVで観たイギリスのイエローブックに載る素晴らしいガーデナーたちも支柱や支えをうまく利用していた。まるで何の支えもないかのように自然に見えるのだ。大株になるバラや宿根草を支柱無しで見せるのはそもそも無理があるのかもしれない。

私は竹の支柱を愛用している。先日も買い足したところだ。ホームセンターから竹の支柱のみを買って帰るような人がいたら、それは十中八九ガーデナーだろう。

 

f:id:m-garden-life:20180514201249j:plain

そういえば先日、こんな夢をみた。

私が庭仕事をしていると、一台の車がゆっくりと走ってきて家の前で停まった。男性が2人降りてきて、園芸雑誌の取材をしている。たまたま通りかかったのだけど、庭を見せてもらえないか?というようなことを言った。一人はライターで、一人はカメラマンだった。

かつて園芸雑誌に載るのが夢だった私はとても嬉しく快諾するのだけど、ふと気づくと、その庭は今現在の私の庭ではなく、私の生まれ育った家の今よりもさらに小さな庭だった、というもの。夢の中で私は、これは私の庭じゃないぞ…と思っていた。

大抵の夢はよくわからない展開だけど、なんだか意味深な気がした。そうだ、以前にも紹介したことがあるけれど、黒澤明監督の『夢』はおすすめの映画。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただくと励まされます、いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ