日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

自分の手で作りたかった

 

花粉シーズンが落ち着いたのでバルコニーに洗濯物を干していると、ついついやりたくなることが。それはバルコニーから俯瞰写真を撮ること。この俯瞰写真だけは何故かずっとiPadで撮ってきた。ブログに載せるのは久々かも。

そんな訳で昨日の俯瞰↓

f:id:m-garden-life:20180512085247j:image

では去年の同じ頃はどうだったか↓

f:id:m-garden-life:20180512085249j:image

やはり気のせいではなく、今年のアイスバーグ(左上)は花が小さい。何が原因かな…あと芝生ね…張り替えた方がキレイなのかもね…

 

ついでだから、ガーデニングに着手した頃の写真も。 f:id:m-garden-life:20180512085255j:image

…すごい、ひどい。我ながら苦笑いしかない。これを見て思うのは、やはり庭って時間がかかるんだってこと。

いや、業者にイチから外構を頼めば、私みたいに時間はかからないし、もっと絵になるような素敵な庭をさっと作ってくれることだろう。お金があって、そうしたければそれが一番楽で素敵な庭を手に入れる近道なのは確実なこと。

だけど私はマイナス(砂利を剥ぐところ)から始めて5年目にして漸く今の庭を手に入れた。その間、数知れない失敗を重ねてきた。私はただ素敵な庭を手に入れたかった訳ではない。負け惜しみに聞こえたらそれまでだけど事実はそうでないことを自分の手で庭を作ってきたガーデナーなら解ってくれるのではないだろうか。

そう、私は"ガーデナー"になりたかったのだと思う。自分の手で作りたかったのだ。私にとってはそこに価値があり、だからこそ私の庭なのだろう。

 

最後に、昨日ニゲラ'ヒスパニカ’がきれいに開花していた。

f:id:m-garden-life:20180513155735j:plain

PCで見るまでカマキリの赤ちゃんも写っていたことに気付かなかった。昼間から飲みすぎてたのかもしれない… 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただくと励まされます、いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ