日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

遅咲きバラの開花開始

 


 

雨、雨、雨。そして寒い。

今朝、出勤前にはほとんど降っていなかったので写真だけ撮りに外へ出た。 

f:id:m-garden-life:20180508144820j:plain

アイスバーグが咲き始めた。

 

f:id:m-garden-life:20180508144917j:plain

ER ジェントル・ハーマイオニーも咲き始めた。去年は早咲きだと思ったけれど今年は遅かった。移植したせいかな…

バラの開花日を昨年に引き続き一覧にしているけど、全体的に10日程度早い。それなのに、ずいぶん寒い気がしてならない。

 

f:id:m-garden-life:20180508145011j:plain

クロード・モネもいい花から始まった。写真はないけれど、ボレロも開花して濃厚なフルーツ香を放っている。

 

すでにたくさん咲いていたバラも、たくさんの雨で、たくさん散ってしまった…強制終了ってこういうことか…

まだ咲いていないのは唯一、ベラドンナのみ。

 

まだこれからのモリスは、こんな感じ。

f:id:m-garden-life:20180508154838j:plain

実際に咲かせてみると、上の方で咲かせて見上げて見るバラだということがよくわかる。蕾は上を向いているけど、開くほどになってくると花首が細くて俯いてしまう。ずっと伸ばして見上げられるようにしよう。

 

シェッドの裏では群舞が満開までもう一歩というところ。

f:id:m-garden-life:20180508155715j:plain

夢見る少女みたいでしょ…激しく私のキャラじゃないけど…

 

シェッドの左側ではバイカウツギが自分から勝手に誘引されている。

f:id:m-garden-life:20180508160442j:plain

 

我が家のギョリュウバイはレプトスペルマム'ピンキークイーン’。

f:id:m-garden-life:20180508161101j:plain

世の中の花には大抵の確率で一重咲きと八重咲きがあると思うけど、ギョリュウバイに関して言えば、圧倒的に一重咲きが好み。

 

今まで登場させたことがないと思うけど、まだ小さいコバノズイナも植えてある。

f:id:m-garden-life:20180508161519j:plain

虫っぽい花が目的なのではなくて秋の紅葉目的。手前のはタンジー。

 

冬に植えた矮性ジギタリス’デュービア’が咲き始めた。

f:id:m-garden-life:20180508161719j:plain

草丈40cm程度。40cmあってもとても小さく見えるのは(実際ジギ的には小さいけど)、庭全体の高さが出てきた証拠だよね。

 

さて、どうしようもない愚痴でしかないのだけど、ちょっとだけ吐く。

ここのところ心も身体も付いていけなくなってる。疲れが抜けないのが問題だけど、抜ける日なんてくるのか。走り回って息つく暇もなく、予定に追い立てられ続けていて、さすがに疲れてきた。1日にいくつものタスクをこなしていくだけで精一杯。 やはり私は自爆型なんだわ。誰かに潰されるまでもない。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただくと励まされます、いつもありがとうございます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ