日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

2018年バラの初開花

 

f:id:m-garden-life:20180413102427j:plain

今年もバラの初開花は一重咲きモッコウバラ(ロサ・バンクシアエ・ノルマリス)でした。私が2014年に人生で最初に迎えたバラが最初の開花。毎年、ここからバラシーズンが始まっていく。

残念ながらバラゾウムシに穴を開けられたようだけど、それでも構わず咲いてくれる。鼻をくっつけるといいかおり。

 

庭の内側から見ると、モッコウバラウォールができている。

f:id:m-garden-life:20180413102811j:plain

 

外側から見ると、こんな風。

f:id:m-garden-life:20180413102856j:plain

板塀が150cmと低いのでモッコウバラには全く足りていない。左端に見えるシェッドの屋根くらいまでの支柱を立てて誘引しようかと思っているくらい。シェッドにはワイヤーを渡してあって誘引しているけど、大半はモッコウバラ同士を誘引しあっている。

駐車場側に枝垂れさせていたけれど、車の後ろを通るときに引っかかりそうになるので横へ横へ誘引しなおした。

 

朝日の庭は良い。

f:id:m-garden-life:20180413103343j:plain

バラの葉を透かす太陽の光、まるでステンドグラス。

私が自分の庭で気に入っているのは明暗が強いところ。配置や構造物との兼ね合いだろうけど、とにかく明暗が美しい。光を浴びる植物の背景が暗い影になるのは最高に好きなポイント。レンブラントの絵画のようだといつも思う。

 

八重咲きコデマリがそこそこ咲いてきた。だけど、いつも思う。八重咲きは一気に開花しないので一重咲きの方がきっと絵になるよねぇ…って。

f:id:m-garden-life:20180413103839j:plain

f:id:m-garden-life:20180413104032j:plain

だけど私は八重咲きを育てよう。(16:9は細長すぎたな…)

 

f:id:m-garden-life:20180413104128j:plain

庭にいて、とにかく嬉しい季節。ついついあれもしてこれもしてと長居。

 

ついにニゲラ・ヒスパニカにも蕾が!

f:id:m-garden-life:20180413104443j:plain

とにかく立派な株に育ってくれました。

f:id:m-garden-life:20180413104507j:plain

昨年買って植えつけた時より随分と立派。地植えで冬を越すとやはり違いが大きいのかな。

自分で種を採って苗を育てて花を咲かせるって、要するに早くても一年はかかる。人間の世界では何かと速さを求められる。だけど、そういうことに流されない植物たちの活動を見ていると、無駄に急ぐことはないと思うのだった。

 

そういえば、まぁこちゃん…黄色い花の記事は?って思った人がいるかもいないかも。もちろん更新する気でいましたとも、下書きでずっとスタンバイしていますとも。だけど…

f:id:m-garden-life:20180413104252j:plain

散ってしまわれた…結局開ききらずに散ったので、それならばそういう花なのかも。まだ蕾はあるので、それらが咲く頃に更新する予定です。

 

 

↓ランキングに参加しています。クリックして応援していただくと励まされます、いつもありがとうございます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ