日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

心通う

 

 

 

今日は午前中に雨が降った。寒くなってきて、あちらこちらで紅葉が見られる。

私の庭でも少ないながらもアメリカテマリシモツケ ディアボロが紅葉している。 

f:id:m-garden-life:20171118142543j:plain

 

スモークツリー グレースも黄葉中。

f:id:m-garden-life:20171118142809j:plain

 

 

出かけたついでに、いつも行く園芸店でタリクトラムを買った。

f:id:m-garden-life:20171118142903j:plain

種まきしたカラマツソウが不発っぽいので、つい買ってしまった。 これは草丈150cmくらいになるみたい。あとで植えようと思っていたのに結局植えられずだったので、明日にでも植えよう。

 

もうすぐ咲きそうなボレロ。フルーツのいい香りを放っている。

f:id:m-garden-life:20171118143123j:plain

 

f:id:m-garden-life:20171118143419j:plain

コガネムシの幼虫14匹に根を食害されたとは思えない花。本当は休ませてあげた方がよかったのかな。元気すぎるベーサルシュートの先に蕾が4つ。いくつか摘蕾した方が良かったのかも。

 

有島薫さんは「バラと相談してください」と著書に書いておられるけど、結局のところはそういうことなのかな。自分がこうしたい!っていうのがあっても、何か引っかかることがあるような時ってあるもので、そういう時って相手(バラ)との間に何か行き違いがあるのかもしれない。

 

植物を無駄に擬人化する気はないけれど、植物にも意思はあると思う。人間は頭でっかちなので、そんなことあるわけないだろうと思う人も多いかもしれない。だけどガーデナーなら頷いてくれる人がいるんじゃないかと思っている。いなくても別に構わないけれど、動物には意思があって植物にはないだなんて断言できるだろうか。

 

植物に癒されるというのは、お互いに命あるもの同士だからだと思うし、ガーデナーなら植物と心が通ったような経験をしていると思う訳で…何も考えてなさそうだけど、そんなことも考えている私でした。

 

 

f:id:m-garden-life:20171118182244j:plain

ローズリーフセージは次々咲いている。なかなか派手な色だけど、花の少ない時期だし。

 

 

ところで、この数日というものカメラを持って庭に出ることがなかった。ではスマホで撮ったのかというと、それも無し。庭に気持ちを向けられなくなる程、この一年で一二を争う忙しい一週間で本当に疲れた。

 

それがやっと終わったので、ゆ〜っくり温泉に浸かりたい気分、と思っていたら身体の不調に見舞われてダウンしていた。今はとりあえず治ったので良し。ああ…洗濯物が溜まってしまったー…

 

調子が悪いといえば、今朝ついに私のiPadが壊れたかと思った。もう5年半くらいは使っていて、今までにも何度となく調子の悪い時はあった。今日は画面が真っ暗。ホームボタンでSiriは反応するものの会話にならない…トホホと思いながら夕方触ると普通に動いた。しかしそろそろ本当に覚悟しなくてはならない時期かもしれない。大事なものは自宅サーバーにあげておこうか…どうやってあげるのか知らないけど(汗)

 

 

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ