日々綴る、庭ブログ

ようこそ!砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

定植、移植、生き物

 

 

朝からカメラを持って庭に出てゆっくりできたのは、いつぶりだろう。忙しくて落ち着かなくて疲れ切っていた。眠れなかったり食べられなかったりしながら。

 

f:id:m-garden-life:20171027162502j:plain

 

朝日に輝くサルビア レウカンサが美しかった。目で見たようには撮れなかったけど。

 

f:id:m-garden-life:20171027162759j:plain

 

ベラドンナの2輪目はすでにこんな状態。いい巻き。

 

昨日今日と日中が暑い。種まきしたポットが直射日光に当たってヘロッヘロになってしまったものもあったので、育苗スペースには今日もすだれを立てかけている。

 

 

f:id:m-garden-life:20171027163000j:plain

 

おぎはらさんところで頼んでいた苗が届いたのであちこちに定植していた。そして移植祭り。おかげでとっ散らかってるけど。サルビアが3種増えた。暖地ならではの育てられるものを無理せずに庭に生かそうと思う。

ブランコに座って見た外壁側は花が全く咲いていないように見える。実際、ホトトギスと数種だけ。まぁいつもいつも賑やかな庭でなくていいと思っている。

 

・・・・・・・・・・

 

庭にいると視線を感じるのがガーデナーという人種ではないか。私も今日はストーカー並みの視線を送られていることに気づく。カーディナル ド リシュリューのてっぺんからこちらを向く影。

 

f:id:m-garden-life:20171027163121j:plain

 

ちょっと…こっそり見過ぎでしょ。

 

f:id:m-garden-life:20171027163311j:plain

 

「もうみんなは卵産んだみたいだけど、あなたは産まなくていいの?」

今でこそ花に話しかけなくなったけど、虫には話しかけている私。頭を撫でて「おいで」と言うと手に乗ってくれた。

 

f:id:m-garden-life:20171027163523j:plain

 

おそらくハラビロカマキリ。右手に乗せたことを後悔しながら左手で写真を撮った。なんという愛嬌のある顔。全然手から逃げ出そうとしない。そうです、私はあなたに危害は加えませんよ。

 

f:id:m-garden-life:20171027163922j:plain

 

そしてまた、カーディナル ド リシュリューのてっぺんに戻しておいた。「じゃあね」と頭を再び撫でるとこんな顔。「うん、またね」って声が聞こえる。これは詩的表現でもなんでもなく、”頭に声が響いてくる”という表現が的確。そんな私をイカれ野郎と思いたい人はご勝手にどうぞ。

 

前から言っているけど、私が庭で得る癒しは花や植物だけじゃない。

 

f:id:m-garden-life:20171025151137j:plain

 

虫や小さな生き物たちにも随分と癒されている。

身勝手ながら、植物をダメにしてしまう虫にはかなり厳しい対応をするけど、庭に生き物がいなくなるようなガーデニングはしたくない。いくら花が美しく咲き乱れても、生き物が来てくれないなら、”夏休みのない8月のよう”みたいなことで。

 

不自然な庭を人工的につくっても、そこに自然の生き物たちが来てくれるなら、私にとっては大事な自然の一部。これから何年も庭をしていくだろうけど、ずっと忘れずに大事にしたいこと。

 

 

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ