日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

カマキリ

 

f:id:m-garden-life:20170714172108j:plain

我が家の小庭で生まれたカマキリの赤ちゃんたちが順調に育っています。聞いた話では一つの卵から孵化する子どものうち、大人になれるのはわずか一匹だとか。現在3匹以上の子どもを確認しているけど、食物連鎖的には一匹が適した数なのかな。でも卵は一つだけではなかったような。

今日はそんなカマキリに関して、私にはとても貴重なものを見れたので、皆さんにもおすそ分けです。と言っても嬉しい人もそんなにいないと思うけど、身構えなくても大丈夫です(多分)

f:id:m-garden-life:20170714172421j:plain

じゃーん。カマキリの脱皮直後の殻。これは以前にも一度だけ見たことがあったけど、カメラを取りに家の中に入って庭に戻った時にはすでに風に飛ばされていた。滅多に見れるものではないので、ちょっといいことありそうでしょ?(笑)

 

ルドベキア’リトルスージー’は、ついに花びらが下向きに。

f:id:m-garden-life:20170714173110j:plain

スーってばカワイイ。タコとかクラゲみたい…もしくは火星人?(笑)

 

もうひとつのお気に入り、ツクシカラマツは蕾の時にピンクが強く出るみたい。

f:id:m-garden-life:20170714173436j:plain

ほんの小さな花なんだけど本当に可愛く思っていて、お気に入りのグレーのウィッチフォードに植えています。

 

「庭を見れば、その人がわかる」とガーデナー界隈ではよく言われることだけど、植物との付き合い方を見ても、その人が見えてくるものだとこの頃改めて思う。良いも悪いもないのだろうけど、それはきっと人との付き合い方にも通じていると思う。

とは言え、私がどんな風に見られているかは、ちょっと怖くて聞きたくなかったりするのだった(汗) 

 

楽しい良い週末を。

 

ラダディダディ〜♪