読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

分かち合う

 

私たちの一生は短いですが、その間に美しい庭をつくり、野生動物や鳥を庭に呼び、他の人と分かち合えるのはとても幸せです

 

これはBS(NHK)で放送された『イギリス ガーデニング王国の熱い夏』(初回放送2010年)という番組の最後に、イエローブックのベテラン審査員パトリシアさんが仰っていた言葉。私はこの番組を録画していて何度も繰り返し観て、すごーく勉強になっています。

 

庭づくりはひとりでしても、それを他の人と分かち合うことはさらに幸せにつながることだと私も思う。だから私はブログを書き続けるのかな。残念ながら身近にはそれをシェアできるガーデナーがいなくて、誰かと分かち合うには今後もブログという場は必要なんだと思う。もし例え身近にいても、方向性も趣味も全然違うガーデナーさんなら、うーん…という感じがするし。

その点ブログでは自分と合う人、憧れる人を見つけて仲良くなれるのが割と容易い。最近あまり余裕のない私はコメントする機会も減っていますが、過去にコメントしに行ったガーデナーさんのお庭の様子はいつも拝見させていただいています。

 

私の場合、最初は完全に自分用のメモだと思って書いていたブログだけど、他のガーデナーさんたちのブログを拝見したり、コメントしあったりすることは、とてもいい刺激になっています。だから庭をつくり続けるならブログというフィールドはいいところで、書いて損はないんじゃないかと思うし、読むだけよりきっと楽しいよ、とも思う。

ただし、それなりに最低限のルールや礼儀は必要だと思うけど、その辺は現実生活と変わりないと思うし、人に公開している以上はネットだからと相手を軽んじるようなことはあってはならないと思ってます。

一度仲良くなったガーデナーさんが、どこか知らないところに行ってしまうのは、私もとても残念だとこの頃思うようになりました。でもそれを選ぶのも、残念なことだけど、その人の自由といえばそうなんでしょうね。あれが咲いたよ、これが咲いたよ、というのだけでも、ガーデナー同士なら分かち合えたのに。

 

 

f:id:m-garden-life:20170331163609j:plain

 

今日は雨も風も強くて、とても寒かった。気温5度。 昨日の4分の1って…。こちらではやっと桜の開花宣言がされたみたいだけど、お花見なんて寒くてまだ出来そうもない。今週末は何をしようか。

 どうぞ、よい週末を。