読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

新苗、赤バラ、今日の庭

 

昨日の出勤時、車の温度計の数字を見てびっくり。じゅ、16度⁉︎何かの間違いじゃない?私は相変わらず寒くて、腰にカイロを貼ってるんですけど?結局雨が降ったりで体感温度的には低かった。

今日も晴れてる!と思ったものの、9時台の庭はまだなんだか寒くて、身体を動かせば暑くなるけど、カナヘビちゃんを2回ほど掘り起こしてしまって以来、もう冬眠から目覚めるまではいろいろ掘り起こすのやめようキャンペーン中でして。

 

さて今日はまずバラの話。 結構へこんでいますけど。なぜならば地元の信頼のおけるバラ園のブルーランブラー(ファイルヘンブラウ)が早くも売り切れていたから…。これじゃモリスの二の舞じゃないか。あー、くやしい。一季咲きの新苗なんて咲くまでに一年間を要するのに。ああー、私のブルーランブラー…まだ植えるなってことか?

 

ちなみに、私が新苗購入しようかと思っているバラの候補をあげると、

  • モン・ジャルダン・エ・マ・メゾン(CL)
  • シャルル・ド・ミル(ガリカ)
  • コンテ・ド・シャンボール(ポートランド
  • 真夜(禅ローズ/FL)
  • ジャルダン・ドゥ・レソンヌ(デルバール)

カーさん(念のため"カーディナル・ド・リシュリュー"のこと)を植えて以来、ガリカ系には弱いのです。植えているのはカーさんだけなんだけど、紅葉するらしい紫玉も植えたいし、今回挙げているシャルル・ド・ミルも一季咲きだけど、濃いピンク色のバラも欲しいところで。

そこいくと、少し色は薄くなるけど、コンテ・ド・シャンボールは四季咲き性の高いオールドローズらしいので捨てがたい。バラ園の説明には「小型のつるバラとしても使える」とあるので家の外壁側に植えようか…

モン・ジャルダン・エ・マ・メゾンは前から私好み〜と思っていたバラだったんだけど、キャリエールとなんとなくかぶる?

 

真夜はポイント使いに赤黒っぽいのが欲しくて。

f:id:m-garden-life:20170218060714j:plain

これは2015年11月に訪れた横浜イングリッシュガーデンの写真。すてきな赤バラ。なんだろう?その頃、赤バラに興味があったという記憶はないのだけど、今見返すと結構赤バラのある風景を撮っていて、その美しさにハッとしてしまう。品種名などは全くわからないのだけど、花の少ない11月末のガーデンで赤バラはとても目を引いたんでしょうね。

 

f:id:m-garden-life:20170218063854j:plain

これも横浜イングリッシュガーデンで撮ったもの。枝や葉っぱの感じから、バーガンディアイスバーグかなぁ?

赤バラはフランシス・デュブリュイでもダーシー・バッセルでもいいけど、真夜は樹勢が強く、建物の東側が良いと書かれていたし、ブルーミングしていく色味が良いなぁと。迷っているうちにブルーランブラーのように売り切れてほしくないのでオーダーを入れておきましょうかね。新苗から育てるの好きだし。

…と書きながら早速、コンテ・ド・シャンボール真夜のオーダーを入れた(笑)結局どっちも四季咲きじゃん(シャンボールは返り咲き?)。欲張りめ。いや、うちには一季咲きが3つあるぞ。一重の白モッコウバラ、カーさん、実はランブラーだったのを最近知った群舞。群舞、すーっごく伸びるな〜と思ってたんですよ。ランブラーなら納得か。 

これでバラ13株。"もっとバラを増やして 一度きりの人生で〜す〜も〜の"(宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス」の”ほら車飛ばして”のところを替え歌でどうぞ) バラのことを考え出すと自作のこの替え歌が頭の中をぐるぐるする訳で(笑)

バラを育てている方なら、バラには中毒性があることをきっと感じているはず。私のバラが20株に到達するのはきっとすぐでしょうね…。図書館で借りたバラ図鑑を眺める日々。春にバラ園がオープンしている時、さらに買うかも。(←その可能性は大・・・)今からどこに何を植えるか考えねば。

 

f:id:m-garden-life:20170218101843j:plain

ジェントル・ハーマイオニーはもうこんなに芽吹いてる。力強い芽吹きです。

 

 *****

 

今日の庭は。

f:id:m-garden-life:20170218102449j:plain

テータテート。もう3回目の春?毎年増えて増えて。

 

f:id:m-garden-life:20170218102741j:plain

カレンデュラ”ブロンズビューティー”。ほら、もうすぐ咲きそうでしょ。種から育てた子が咲くのって本当に嬉しい。

 

f:id:m-garden-life:20170218102957j:plain

育苗した子も買ってきた子も植え付け時にはバイオポストかミリオンを根鉢にまぶしてから植え付けるからか、いつも生育がいい気がする。それに加えて植え付け時はリキダス入りの水をあげるし。

 

f:id:m-garden-life:20170218103056j:plain

水曜に買って植え付けたホワイトレースフラワーもしっかり立って元気になってる。

 

さて、この時期になると「あなたはだあれ?」と思う子が庭のあちらこちらにいて、

f:id:m-garden-life:20170218103320j:plain

私にはこの子が本当に分からない。2、3株あって雑草ではないと思うんだけど。思いつくのはバーベナ・ハスタータだけど、葉っぱが違うような・・・様子見ですね。わかる方がいらっしゃったら教えてくださーい。

 

f:id:m-garden-life:20170218103703j:plain

カレックス・エヴァリロにたくさんの穂が。切ってあげた方がいいかなぁ。どうしようかなぁ。

 

f:id:m-garden-life:20170218103755j:plain

隣のジギタリスはこんな感じ。冬の間、日当たりのよろしくない場所なので、生長イマイチなのか?こんなものなのか?初めての子は未知数。

 

f:id:m-garden-life:20170218104223j:plain

壁や大きな鉢にこうやって植物の影ができるのが好きです。自然のテキスタイルって感じでしょ。

 

写真をたくさん載せて、さもたくさん何か作業したっぽいけど、実際はバラの新芽にニームオイル、鉢植えに水やり、ビオラの花がらつみという最低限のことしかしておらず。芝生のサッチングは私がしなくても優秀なアシスタント(3歳)がしてくれたし。

 

我が家は酔狂なので雨の日に庭でBBQとかしてしまうけど(狙ってやったわけではない)、なんなら極寒BBQでもしようかとか言いつつ、さすがに風邪ひくかと思ってしてません(そりゃそうだろ)。本音を言えば『アダムスファミリー』みたいな家族がいいんだけど(変人一家すぎるだろ。でも「ハンド」は家族の一員にいてほしい)

映画つながりでアカデミー賞のこと。私は昔から洋楽好きもあってかミュージカル映画が好きなので、アカデミー最有力候補の『LA LA LAND』を観に行くのが楽しみ。それにしても主演俳優のライアン・ゴズリングの出演作『ドライヴ』、ありゃーすごい映画でしたね。観たことある方いますか。なんていうか強烈で凄かった。

 

 


「ラ・ラ・ランド」本予告