読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

寒波の中でも

庭づくり

 

f:id:m-garden-life:20170114132350j:plain

朝から美容室へ行っていました。スチームもくもくのトリートメントをしてもらったので髪の毛ツルッツルです(禿げてません)

こちらの9時半頃の気温は6度。昼は9度くらい。これでも暖地の人間からすると十分寒い。北の方はマイナスとか言ってるレベルなので大したことはないと思われるのでしょうけど、こちらは夏はとっても暑いので比べても仕方ないことですね。

 

この寒さで庭仕事なんてと思っていたけど、15時頃から動きたくなって庭に1時間出ていました。掘って、たくさんの資材を混ぜ込み、庭にある植物で仮置きもしてみる。

f:id:m-garden-life:20170114160122j:plain

寒いけど作業は出来るレベルでした。足先はすごーく冷えたけど。子どもも出てきてアシスタントとして石拾いしてくれました。

 

さて、庭づくり当初からの愛読書『庭と暮らせば』によると、構成要素として以下の5つのカテゴリーに分けて骨格を作ると見栄えのする庭になるそうです。

 

1.シンボル・メインツリー:中低木

2.ミドルツリー:中低木

3.フレーム:低木、多年草宿根草など

4.グラウンドカバー:多年草宿根草、地比類

5.クライミング:つる性植物

 

今までもそれは一応知っていた筈なのになぁ…(遠い目)

今回、この場所での植栽計画としては、

 

1.ジューンベリー

2.1が落葉樹の場合、常緑樹が良いらしい。どうしよう。うちにある常緑と言えば、ドドナエア?ギョリュウバイ?色的にはギョリュウバイ'ピンキークイーン'がいいかな。

3.ノリウツギ、セントランサス、広葉マウンテンミント、茶色い八重咲きのホリホックもここに入れたい。

4.ニシキシダ、スカビオサ、タマシダ、フロックス、サルビアを何か

5.バラ'カーディナル・ド・リシュリュー'?

 

 って感じでしょうか。そして、これらの骨格に一年草や花物を加えると季節感が出るそうです。確かにそれなら骨格がしっかり作られているので、植え替えも迷いがなくていいな。

 

 

f:id:m-garden-life:20170114163716j:plain

本日の夕焼け。寒い一日でしたね。明日も引き続き寒いんでしょうね。

 

 

庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり

庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり

 

松田さんの庭は「花いっぱい」という庭づくりではないけど、 センスのいい、こなれた感じが好きです。