日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

コールドフレームをDIY ーその4 完成編ー

 

全く正月くさくない正月です。昨夜は皆、日本酒を呑みまくってたけど、私はエビスを1本飲んで終わり。ラザニアは皆から絶賛でした。正直言って、自分でもすんごく美味しかったです。ところでビールとお餅のスパイラルで、私は明らかに顔が太った気がします・・・。運動せねばー。

 

さて、コールドフレームが完成していました。

コールドフレーム、ほぼ仕上がり

 これはまだ完成状態ではありませんよ。フタ部分を組んだ状態。今回は木の厚みも無いし、下穴を開けて丁寧に作りました。完成写真よりも、この状態の方が絵になるのですよね。当初のデザインにはフタに横板も入れていましたが、必要性も感じないため、真ん中に縦に一本走らせただけに。すっきりしたデザインがいいと思っています。

 

f:id:m-garden-life:20170102112345j:plain

窓の部分に何を貼ろうかなー?と思いつつ、プラ段かビニールか…と思って、結局は透明ゴミ袋に。 ホッチキス+両面テープという安直な道具で貼り付け。冬の間だけで良いと思っているので、耐久性は求めていないので良し。

 

コールドフレーム、仕上がり

フタ部分を本体に蝶番で止めて完成〜!蝶番を止めたビスが長すぎて、中に飛び出てるのはどうにかした方がいいよねと思っています。さらにフタ部分は結構歪みが出ているけど、まぁ誰も困らないし(←この判断基準どうにかならんのか…)、空気孔、空気孔。

今回のコールドフレームの材料費は2,000円程度といったところでしょうか。サイズは横91cm、奥行45cm、高さ(奥)40cm、高さ(手前)20cmです。910モジュールの板を切ることなく使用したのでこういうサイズになりました。なかなか簡単にできました。

自分で作ったものはやはり愛着がわくし、春先に種まきをするのにも役立つ(夜間の冷え込み緩和する)し、コールドフレーム作って良かったです。

 

f:id:m-garden-life:20170102112822j:plain

育苗中の苗たちも元気に生長中。お茶パックから根が出ていたので黒ポットに移しました。

 

f:id:m-garden-life:20170102112613j:plain

どうせなら他のものにもペンキを塗ろうと庭道具を引っ掛けてある板(シェッドのキットに入ってきた緩衝材的なもの)にも色を塗る。

 

では、今日の庭の様子を。(写真多めです)

f:id:m-garden-life:20170102113154j:plain

本領発揮な神戸ビオラ

 

f:id:m-garden-life:20170102113257j:plain

まだまだ咲いているアイスバーグ。葉っぱは全部むしったけど、花はまだ切りません。蕾もまだあるし。このくらいの咲き方の時が一番好き。

 

f:id:m-garden-life:20170102113339j:plain

反対側から。アイスバーグはやっぱりかわいいなぁ。透明感のある感じがいい。

 

f:id:m-garden-life:20170102113506j:plain

大晦日に買って植えたネペタ’ピンクドリーム’。ピンク色の花の多いエリアに植えました。黄金葉が美しいです。寒さ暑さに強いということなので期待。

 

f:id:m-garden-life:20170102113713j:plain

自家採種のオンファロデスもしっかり大きくなってきた。

 

f:id:m-garden-life:20170102113806j:plain

プリムラ・アンティークも元気に咲き続けています。青と黄色の対比がきれい。

 

f:id:m-garden-life:20170102113852j:plain

最後のボレロ。まん丸なお花。 

 

今日もいい天気だけど、特に庭ですることもなく(本当はつるバラの誘引があるけど?)、鉢への水やりと写真を撮っただけ。午後からはBSで録っておいた「American Music Awards 2016」と「ホビット」でも観ようかな。