日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

初ジギタリスを植える

 

私の住んでいるあたりでは、皇帝ダリアが彼方此方で咲いています。庭に植えたいとは少しも思わないタイプの花だけど、季節的な風景としてはいいな、と思って見てます。背の高さがすごいので、風にゆらゆらしているのを見るのは好きです。

 

f:id:m-garden-life:20161125164741j:plain

さて、出会いたいと思っていると、まさに出会ってしまえる強運な私です。タイミングとは、そういうものなのかな。その時が来れば、その時なりの出会いがあるのかな。

昨日の仕事帰りのホームセンターで立派なジギタリスの苗に出会えました。まさに入荷したばかりの状態でした。”パムズチョイス”と”スノーシンバル”を1株ずつ。憧れだったジギタリス。どちらもベースは白です。同じ品種でも良かったけど、欲張りな私は人生初のジギタリスを実験的に2種。3株植えたいところだったけど、スペース的にちょっと無理でした。

ああ、春がとても楽しみ。シェッドにつるバラ群舞を誘引して、その足元でジギタリスが咲いている…そういう絵が頭の中にはすでに出来てますが、さてどうなりますか。

苗の下には有機配合肥料を根に直接触れないように施してます。地植えのものには化成肥料より、土を肥えさせる有機肥料の方がいいよね、と思って。暖地なので宿根は出来ないでしょうけど、立派に育ってくれたらいいなぁ。

 

 植物に隠れるうさぎちゃんを見ると、小学生の時に国語の教科書に載っていた『ぼくにげちゃうよ』 を思い出す。確かクロッカスに隠れていたような。今年クロッカスの球根を見るたびに、買おうかどうしようかと思いつつも結局買わなかった。

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

 

 

 【おまけ】

基本、邦画は観ないんだけど、西川監督の映画は好きです。原作もとても良かった。


映画『永い言い訳』本予告

7月に読んでいた小説の映画が、やっとこちらでも上映されるらしい。ちょっと揺さぶられ過ぎるかもしれないので怖いけど、観たい。

 

読んだ感想あり↓