読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

育苗記録

 

朝から雨がたくさん降ったけど10時前には庭に出て、ちょっと作業。

 

f:id:m-garden-life:20161119095712j:plain

挿し木に挑戦したローズリーフセージの根が結構出ていたのでポットに植えた。2週間で結構な根っこが伸びていて驚き。うまく育ちますように。

 

f:id:m-garden-life:20161119095900j:plain

ペットボトルだと根が目視できるので、素人には有難い。

 

f:id:m-garden-life:20161119100051j:plain

黒ポットに移していたオンファロデスも徐々に大きくなってきてる。

 

f:id:m-garden-life:20161119100148j:plain

カレンジュラ・ブロンズビューティはたったの2株。他は多分バッタに食べられた。そろそろポットに移してあげねば。

 

f:id:m-garden-life:20161119100312j:plain

つきいろさんに頂いたオダマキの種も催芽処理してポットに植えていたものから芽が出た。発芽まで約1カ月。なかなか忍耐力のいる子。ガーデニングは私の忍耐力を鍛えるのに良いのかも。大きな葉が何枚も出るまではすぐ枯れるそうなので、気をつけて育てよう。

 

f:id:m-garden-life:20161119100527j:plain

ホスタも黄変中。この子は完全に植え場所ミスってるんだけどなー。品種はフォーチュネイ系のオーレオ・マルジナータ(だった筈)

 

f:id:m-garden-life:20161119100707j:plain

我が家の新人ゼラニウムたちも元気。車で走っていると、何気に道路脇の花壇に巨大なゼラニウムを見かける。雨に当たったらよくない、とかそんなの関係ないんじゃ…と思うほど強そう。

…というか多分、すだれを片付けた方が良いよね…。分かっちゃいる。今朝は掃除を頑張ったけど、また頭痛で参ってるのでまぁそのうちに。

  

 ・・・・・

 

「どこまでいっても甘えたい子供のまま」

自分を形容するこの言葉が湧き上がってきたときには自分でも驚いた。家庭環境的に思春期頃はちょっと大変だったし、それもあってか、いつも周りより大人びていた。落ち着いてるね、っていつも言われてきた。自分でも実際そうだと思ってきた。

「たくさん傷付いた分だけ、人の痛みも分かってあげられる人になるよ」と、母から言われたことがあるけど、私は、そんなのは欲しくなかった。現実的には自分で思い込んでいた自分とは全然違ったんだ。それに気付いたら何だか急に楽になった。こういう気付きは容易なものじゃないだけにガツンときてる。

天秤座の私は12年に一度の大幸運期中。実際は「幸運」というより「耕運」らしい。次の12年間の幸せのために耕す時期らしい。確かにそうなのかも。前述のような気付きもそのひとつなんだろうな。気付きに感謝。