読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

一年草を抜き去る

庭づくり

 

私には一年草が種を綺麗につけるまで待つ忍耐が、やはり無かった。一年草は一年間で種から大きく育って種をつけて終わる。その勢いたるや凄いものがあるし、草丈60cmと本にあったものが1メートルを超えて生長したことに畏敬の念さえあったのだけど。やっぱり嫌になった。抜きたくて仕方がなくなると抜かざるを得ない。やはり一年草は私には向かないのか。

 

f:id:m-garden-life:20160521132041j:image

オンファロデスとセリンセを一気に抜き去ってキレイな更地が現れた。いえね、そもそもここは花壇の奥行きが結構あるので、奥の方の手入れができなかったから、どうにかせねばとずっと思っていたところでもあった。縁取りレンガを後退させても良いのだけど、また芝を張るには無駄が多いので、作業できるように足場を作ったのでもいいかな。コッツウォルズストーンを置きたいよねー・・・(遠い目)。

 

f:id:m-garden-life:20160521132036j:image

引いて見るとスッカスカになってしまって非常に物足りず。さらにもう少ししたらヤグルマギクも抜くし。でもそろそろ、ずーっと前に予約しておいたダリア’黒蝶’が届くので、それを植える場所も必要だし。

 

一枚の絵のように美しいのを保つのは難しいのを改めて実感する。 

 

Photo by.iPad