読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

不毛の地から2年経ち、やっとスタートラインかな

庭づくり
 
f:id:m-garden-life:20160412162156p:image
 
暗渠排水は埋まってしまえば見た目には何の形跡もないので、やったことを忘れぬように記録しておきます。まだ全然終わってないけど。因みに、この状態を見た人には「庭に川作るの?」と言われました。こんな小さい庭に川作ってどうするんだー。でも確かに水路は水路・・・。
 
この後の作業予定は、
1.砂利の上に砂を入れ、土を入れ、レンガを敷く。
2.1と同時進行で、雨水升に横穴をあけ、パイプを通す。
3.芝生用の土に改良し、暗渠排水に向けて勾配をつけ、芝を張る!
 
それにしても上から見ると本当に小さな庭です。工事用の砂利敷きのままにしてもらっていた庭スペースは、丸2年かかって漸くこのような形が出来てきました。
 
では、庭づくりの前の状態(2年前)を久方振りに載せておきます。↓
庭づくりも地道にやれば、それなりになるんだということで。

f:id:m-garden-life:20160412164206j:plain

この写真はいつも励みになります。雑草一本も生えてない不毛の地。
 
そして声を大にして言いたいのは、「庭なんてどうでもいいので、工事用の砂利をそのままにしておいてください」なんて間違っても言うべきではない!と。(そんな人いないかもしれませんが、ここに居ますので・・・)
庭がどうでもいいのは置いといて、この砂利を剥がすの、すごい大変ですから。小さい庭でも、かーなーり大変でしたから。せめて真砂土くらい入れてもらってくださいねー。
 
庭づくり、やっとスタートラインに立ててるかな、と思うこの頃。
まだまだこれからです。私の人生は、庭とともに。