日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

宿根草の新芽が出た

 

こんにちは。今日は天気はいいけど、寒いです。

そんな中、私は2日連続の歯医者。虫歯ではなく定期検診。歯のクリーニングって本当に気持ち良いです。皆さん、半年に1回は歯医者さんに行っていますかー?美味しいご飯を食べるためにも行った方が良いですよー!

人間の身体は日々のメンテナンスが大事ですね。昨日は耳鼻咽喉科にも行き、不調だった喉の薬をもらいました。あっという間に咳が止まって楽に。子どもが小さいと自分のことは後回しにしがちですが、楽になるなら早めに行った方がいいなと思いました。

 

さて、そんな今日の庭。

f:id:m-garden-life:20160216131405j:plain

シラー’イングリッシュ・ブルーベル’の芽!!初めて植えた球根で、ブルーの花が楽しみです。1つだけだと思ったら、隣にもう一つ出ていますね!

 

 

f:id:m-garden-life:20160216131414j:plain

こちらはアストランティア’フローレンス’の新芽!!地上部が冬枯れしている宿根草なんて、知らない人が見たらただの枯れ草なんだけど、こういう新芽を見つけた時の嬉しさと言ったら!カメラで撮るにも苦労するほどの小さな新芽(数ミリ)なのですが、こういうのは見落とさない。

  

宿根草が新芽を出し始めたのだから、確実に春がそこまで来ています。こうなると毎日のように様々な植物たちが変化を見せてくれるので、何時間庭にいても飽きないのです。