日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

観葉植物の植え替え(フィロデンドロン)

 
「聞こえた」と言ったら結構引かれるかもしれないけど、聞こえたんですよね。買って帰ってTVボードの上に置いて目を止めた時、「根っこ苦しいんですけど」って。
 
f:id:m-garden-life:20160209154707j:image
白くて小さめの鉢に入った観葉植物。地上部に対して根鉢が小さそうだから、聞こえたというより実際は「予想できた」「わかった」のかもしれないけど。
 
最近、部屋の模様替えをしたこともあって、家の中に観葉植物を増やしたくて、前から園芸店でかわいいなーと思っていた子を連れ帰ったのです。”フィロデンドロン”という名前だそうで。タグには「空気清浄樹」と書いてました。ほほー。それにしても観葉植物の名前って覚えにくそうな名前が多くて、覚えておく自信なしなのでメモ。
 
さて、根っこ。
f:id:m-garden-life:20160209154846j:image
案の定、鉢の外で巻いています。これは引き抜けないな。切るしかない!
 

f:id:m-garden-life:20160209154849j:plain

もちろん鉢を!一周ぐるりとハサミを入れて底を落としてから引き抜きます。

 
植え替えた鉢は初めて買ったダイソーの直径17cmの素焼きのもの。これでもちょっと小さかったけど、他になかったので。土はプロトリーフの観葉植物の土を使用。最後に水をやるときに結構水を弾いたので、ピートモスが多め?予め水で湿らせておけばよかったなぁ(メモ)。
 
f:id:m-garden-life:20160209154903p:image
写真じゃわかりませんが、表土を露出させると小さな羽虫がわきやすくなるので、私は必ずココヤシファイバーを敷き詰めています。
 
 
年末あたりから、ずーっとウンベラータの植え替えをしようと思いつつ、いい鉢が見つからず、鉢から根っこがちょこっと出たまま・・・・。葉っぱの表面の埃を拭いてあげたり、甲斐甲斐しく(?)お世話して2年近くになると思います。大きくは成長していないけど、かわいい存在。
 
部屋に観葉植物があると、やっぱりいいものです。