読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

今日も寒い庭

 

身を切るような寒波は遠のいたものの、今日もやっぱり寒いです。寒い庭は写真を撮る以外、何もできません。

 

f:id:m-garden-life:20160128133046j:plain

うさぎちゃんも寒そう。後ろ姿もかわいい。

 

 

f:id:m-garden-life:20160128133109j:plain

置物ついでにアーティチョークも。苔むしていい感じに。

 

 

f:id:m-garden-life:20160128133201j:plain

葉っぱの退色が進んでいる西洋ニンジンボク・プルプレア。

 

 

f:id:m-garden-life:20160128133257j:plain

こちらは色鮮やかな、自家採種から育ったオンファロデス。この株はすごく立派なのに、手前のセリンセに押されていて気の毒。結構株間を空けていたのに、セリンセの株張りが60cmもあるのです。

ここの土は後で拡張した部分なのですが、ずいぶん生長が良いです。はじめにしっかり土作りしたからかなぁ。やはり何より土が大事なわけだ。

それにしてもセリンセとオンファロデスの葉色はとても似てますね。

 

 

f:id:m-garden-life:20160128133603j:plain

冬の庭は大して写すところもなく、小さな庭なのでいつも同じような写真ばかりになってしまいます。写真中央のアメジストセージも霜にあたったようで、葉っぱが枯れ気味。大丈夫だとは思うけど。

 

レンガサークルは全くの手つかずなので、レンガも放置。

 

私の庭の好みはキチッ!となった感じじゃなく、むしろその逆なのですが、性格的にそれを実行するのが難しいなと思っているところです。ボリュームのある、こなれた感が欲しい。木々が大きくなってくれたらだいぶ違ってくるかなー?

 

そういえば昨日、まだ植え付けていなかったハニーサックルをアプローチ沿いのつまらないブロック塀に誘引しようと思い、日当たり一等地に植え付けました。

 

春が来て、植物たちが一斉に爆発するのが楽しみで仕方がありません。