日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

生命力

 

f:id:m-garden-life:20160116104243j:plain

株元に新芽がたくさん生えてきていたレモンバーム。伸びた古い枝を全部ばっさりしました。(写真は切る前のものだけど)レモンバームは香りが良くて、気分良くなります。あ、レモンといえば、仕込んだレモンシロップ、そろそろ飲める頃かも。

 

 

f:id:m-garden-life:20160116104445j:plain

レモンバームの近くには、マルバストラムの伸びた葉っぱに紛れた、ネモフィラのこぼれ種の芽を発見。ここに植えていたのは確か’スノーストーム’。他のところに植えていたネモフィラは、土が肥えていると葉っぱばっかり繁って花が少なかったので、小道脇のやせ気味の土の部分に移植。

 

 

f:id:m-garden-life:20160116104754j:plain

これは死の淵から数ヶ月経ち、少しは復活したゲラニウム’ドリームランド’。小レイズドベッドに植えました。(メモ)

 

f:id:m-garden-life:20150808163942j:plain

1.買ってきた時はとても立派だったのに、

 

f:id:m-garden-life:20151015141224j:plain

2.コガネムシの幼虫に根っこを食われまくって弱り切り、鉢に救出。

 

死にかけた植物を自分の手で復活させられるのは嬉しいです。そもそも死にかける前に気づいてあげるべきだったのですが(汗)

 

気づいた時には手遅れだったというような植物もいたと思いますが、あまり記憶に残っておらず、救えた命のことは都合よく覚えているものですね。

 

救う救わない以前に、自分が気に入って買ってきて植えたはずのものでも、何かが気に入らなければ抜いてしまうのはどういう神経なのだと思うので、今年はそういうことをあまりしないようによく考えて植えたいです。(家の中にはそういうものを買ってこないのになぁ・・・)

 

 

今日は寒いけれど、よく晴れた土曜日です。どうやら明日は雨らしい。また一段と寒くなるのでしょうか。私の心はひたすら春を追っています。