日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

バイオポスト、ロータスの株分け

こんにちは。今日は気温が低いらしいけど、太陽ポカポカで庭に出ていても苦がなく、午後から子どもたちと1時間半ほど色々してきました。

f:id:m-garden-life:20160112134900j:plain

とりあえず、届いたばかりのバイオポストをいろんなところの土に混ぜました。コレ、すごいらしくって。バラ栽培家の有島薫さんのブログで、鉢バラの植え替え時にバラの根鉢にまぶしていて、これはなんなんだ!?と思って色々調べて、結局気になって買ってしまったわけです。

 

 

 ちょっとお高いのですが、とにかく生育がいいらしいです。これもまさに昨日書いていた「土が命!」ということ につながります。夫の畑にも使いたいけど、とりあえず自腹で買ったので庭に使います。昨日の小レイズドベッドにも混ぜておきました。これからの生育に期待します。

 

次に気になっていたバラの剪定もしましたよ。他には大きくなっていたロータス・ブリムストーンを植え替えようと思って掘りあげたら、1株が8株くらいになっていて驚き。移植や株分けをこの時期にしていいのか不明ですが、冬こそ庭の改造シーズンなので、やりたいときにやります。(枯してしまったらゴメン!)

f:id:m-garden-life:20160112135804j:plain

写真は一部ですが、根元から違う株になっていて、切り分けたりしなくても独立していました。すごいなぁ。せっかくなので半分くらいは他の場所に移植。

 

f:id:m-garden-life:20151109123709j:plain←もとはこんなモサモサだったのを

 

f:id:m-garden-life:20160112140128j:plain

花壇の後方へ横広に移植。だいぶスカスカに。スカスカすぎるけど。ミントマリーゴールドもばっさり切りました。ちゃんと生えてくるのかな?種はたくさん落ちていると思うけど。

 

そういえば、この移植の穴掘りの最中にもまたコガネムシの幼虫2匹発見しましたよ。この冬は既存花壇の土堀りは極力していません。 冬眠中のカナヘビを掘り起こしてしまう可能性が大だからです。去年はカエルもいました。庭の大事な子たちなので起こしたくないし、間違ってスコップでグサ!なんてことをしたくない。

 

次にみっちりやるなら秋頃がベストかなと思っています。その時期に低木類は無理だけど、宿根草は鉢にあげて、一年草は抜いて、土を一気に掘れば、表土近くにいるコガネムシの幼虫をガッツリ駆除できるかなと思って。ついでに堀りの深さが足りていないところもしっかり掘りたいのです。

 

 

では今日の最後に、去年と今年の1月の比較を。

 

2015年1月

f:id:m-garden-life:20160110215100j:plain

 

2016年1月

f:id:m-garden-life:20160112142818j:plain

 ちょっとは庭らしくなってきているでしょうか。定点観測的に写真を撮っていると、変化がよく分かるし、モチベーションにもつながるので、私には欠かせません。

 

 さー、今年もがんばるぞー!