日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

土作りの幸福、ウエストリンギアの剪定

 

以前にも書いた事がありますが、庭づくりで幸福度が高いのは「土作り」です。レンガサークルからの現実逃避(?)で、急に土作りをしたくなったため、新たにレイズドベッドを作りました。

 

f:id:m-garden-life:20160111123154j:plain

ガーデニングではついつい綺麗な草花に目が向けられがちですが、何より大事なのは土作りだと思っています。それは経験に基づいたものでもあるし、本で読んだ知識でもあります。

 

過去にも紹介した事がありますが、風雅舎の加地さんのこの本が一番庭づくりの基本を押さえているように思えて何度も読んでいます。厚みはない本だけど、土作りに関してもしっかり書いてあるし、とても役立つ本です。絶賛おすすめの園芸本。

四季折々に楽しめる 小さな庭づくり

四季折々に楽しめる 小さな庭づくり

 

 兵庫県三木市にある風雅舎にも行きたいと思っています。ここからだと高速道路使って3時間以上かかるんですけど、いつか必ず。

 

さて今回使ったのはパーライト、籾殻くん炭、苦土石灰、牛糞堆肥、醗酵肥料。そしてそれらを石を除いて30cm掘った庭土と混ぜます。ずいぶん良い感じの土ができあがりました。本当は50cmくらい掘った方が良いのですが。これを2〜4週間おいてから何かを植えます。何植えよう?これがまた楽しみで。

 

f:id:m-garden-life:20160111123633j:plain

今回はレンガを縦に埋めました。レンガの半分(10cm)は地中に埋まっています。今回作ったのは縦50cmほどの小さなものです。奥の花壇(レイズドベッドというほど全然レイズドしていないことに今日気づきました・・・どうにかせねば)の作業効率も考えて、こんなコブのような形になりました(汗)色々植えればそんな形など見えなくなるでしょうから、まぁいいや。

 

仮置きのレンガサークルのレンガを拝借したので、またレンガ不足。進んでいるのか何なのか。楽しかったから、まぁいいや。

 

f:id:m-garden-life:20160111124819j:plain

モサモサだったウエストリンギアを剪定しました。だいぶすっきりしました。

f:id:m-garden-life:20160106104314j:plain before

 

うちの庭、ローズマリーはうまく育たないけど、オーストラリアン・ローズマリーとも呼ばれるウエストリンギアはよく育ちます。うちの子はバリエガータ(斑入り)です。

 

 

今日、夢の中で「腰が痛い」と言っていて、現実でも腰が痛かったのですが、なかなか土堀りを頑張りました。今日は畑作業も手伝ったし。午後からはゆっくりします。

 

新成人の方々、おめでとうございます。(読者に二十歳はいないでしょうけど)