日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

園芸本と雑貨

雨が1日中降って、庭のことは書けません。でも庭のことを考えてます。

 

f:id:m-garden-life:20151113161840j:plain

最近買った園芸本とアイアンの飾り。

アイアンの飾りは15cmくらいあって、結構ズシッと大きめなんだけど。

では問題です!このアイアンのトカゲはHow much??

 

 

 

なんと!なんとー!・・・・440円です。(前にもこんなこと言ってたな↓)

m-garden-life.hatenablog.com

 

 

いやー、私って相変わらず買い物上手〜!とか言って、本当はお店の人に「これ下さい。値段がわからないんですけど・・・」と言って買ったのは私・・・。(高すぎたら辞める気でしたが。)

 

数百円でチープに見えないものを買うのがポイントです。私の場合は、雑貨でごちゃごちゃした庭にはしたくないので、数と色は抑えて。

 

 このアイアントカゲはネジで留めたくても穴がないので、どこかに釘を打って尻尾を引っ掛けておくしかないかな。カナヘビのいるうちの庭にぴったりでしょ??シェッドに付けようかと妄想でワクワク。

 

・・・・・・・・

 

園芸本の方は、園芸雑誌『Garden&Garden』に連載されていたものをまとめた本(こういうものを「ムック」というのかな)で、そりゃーそりゃー素敵です。

 

この本の中で、黒田健太郎さんが「シーンの妄想から始める庭づくり」を提案されていて、おお、そうか。そうだな。と思ったのです。庭を一気に作り上げるなんて、自分の手ではそうそう出来るもんじゃない。

 

そして、庭づくりのステップとして、

1.自分が庭の仕上がりを妄想できる空間、「小さなシーンづくり」から取り掛かる。

2.素敵なシーンを少しずつ増やし、自分が大好きな場所を庭にちりばめる。

3.シーンをつなげていくと・・・・。いつの間にか、ワクワクするような見ごたえたっぷりの庭ができ上がっている!

                          (P.15より引用)

 このように仰っています。勉強になりますね。DIYもいくつか載っているし、どのシーンもとても素敵です。おすすめです!

 

健太郎のGarden Book―みんなのお手本。フローラ黒田園芸の庭づくり (MUSASHI BOOKS ガーデン&ガーデンMOOK)

健太郎のGarden Book―みんなのお手本。フローラ黒田園芸の庭づくり (MUSASHI BOOKS ガーデン&ガーデンMOOK)