日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

オンファロデスの定植

 

インフルエンザに罹ったことのない私ですが、記憶にある限りでは初めてインフルエンザの予防接種をしてもらってきました。この冬はいろいろある予定なので、万が一にもインフルにかかりたくないのです。ワクチン打ってもかかるときはかかるらしいけど。

 

 

さて、今年の4月下旬に1株だけ苗を買って植えていたオンファロデス。

自家採種して定植まで漕ぎ着けましたー!こんなことって初めてだと思う。

 

下の写真の立派に育った中の3分の1くらいだけ定植しました。ちゃんと根も張っていて、良い出来だと思う。

f:id:m-garden-life:20151110113948j:plain

オンファロデスの播き時は9月下旬だったと思うけど、気の早い私は8月下旬に播いていました。案の定、発芽せずに苗床はほったらかし(と言っても気が向いたら水やりして)だったのですが、10月初旬に発芽。強い!

 

 

f:id:m-garden-life:20151110114548j:plain

ちなみに、こっち(↑)は、こぼれ種から発芽したもの。生長が雲泥の差です。いろんな方の情報を見ていると、この小さい苗だと冬越せるか怪しい。ここは暖地ですけど、一番寒い時期には霜が降りることもあるし。

 

200円くらいで買った1株から、15株以上育苗。オンファロデスは今後買わなくていいんじゃないかと思う。

 

他にもシノグロッサム(買った種)も発芽し始めました。よっしゃー!

一年草の発芽はわりと簡単なのかな?宿根草のアキレギアとアルメリアも種を播いていますが、ウンともスンとも・・・・。

 

 

種つながりで・・・・

f:id:m-garden-life:20151110115239j:plain

まだ咲いているボリジボリジは直播きからの発芽率がすこぶる良かったです。こぼれ種からも増えるらしいので放任しているけど、やっぱり自家採種しようかな?

 

 

種は関係ないけど・・・・

f:id:m-garden-life:20151110115822j:plain

西洋ニンジンボク・プルプレアが紅葉気味。紅葉っていうより、退色してるって感じだけど。この木は病気も虫も無縁です。すごいと思う。小さい苗を買ってきて植えたのに、もう1.5メートルくらいになってます。どこを切ったらいいか分からないので、放任中。

 

 

最後に、庭の絵。

f:id:m-garden-life:20151110120154j:plain

来年1月には購入予定のシェッド(物置)を描いてみました。

庭の中心はストーンサークル。(サークルストーン?)

楽しみです。