読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

ウィッチフォードのビオラたち

ウィッチフォード つぶやき

 

今日はとってもいい天気で、寒さも和らいでいます。

 

f:id:m-garden-life:20151103094105j:plain

1つ目のウィッチフォードに植えたビオラが元気いっぱいです。結構花が大きいです。

 

先日の「趣味の園芸」で知りましたが、花径が5cm以上のものを「パンジー」、それ以下のものを「ビオラ」と分けるんだそうです。同じように咲くのかと思いきや、大きさが違う分だけ、パンジーは咲くのに時間がかかるそうです。ビオラは小さいので、次から次へと咲くのですけど。

私はビオラの方が断然好き。というか、うちにパンジーはひとつもありません。またそのうち、ビオラのように好きになれる日が来るんだろうけど。

  

 

f:id:m-garden-life:20151103094354j:plain

こっちは3つ目のウィッチフォードに植えた、斑入りマートル&ビオラ2株。

右のビオラは人気の’フロステッド・チョコレート’です。数日前、水やりを怠ってビオラ2株ともクターッとしていましたが、ちゃんと元気に戻っていた。よかったー。どちらも渋色で気に入っています。

 

 

f:id:m-garden-life:20151103094722j:plain

これはちょっと前に植えたスカビオサ’ピンクッション・ピンク’。すごい小株です。スカビオサは花屋でバイトしたり、フラワーデザインを勉強していたときは切り花で馴染んでいたものだったので、この小ささに別の植物に思えたり。

 

最近の苗には徒長抑制剤みたいなものが使用されていたりするらしいので、成長が抑えられているのか、それともこういう小さいままの品種なのか???

 

 ・・・・・

 

最近、スッカスカの庭を見てはいろいろ植えようと思っているのですが、途中で植栽スペースを拡張したこともあり、どこにどう植えて良いものか自分の想像力が働きません。

 

調べて、それぞれのおおよその草丈は分かっているけど、春になってからの植物たちの生長って、それはそれはおそろしいものがあるので、それに想像力が全く追いつけません。ガーデナー歴が深まってくれば、「見えてくる」ものなのでしょうけど。そんなところへは、まーだまだ。

 

鉢バラも強いものは地植えにしてあげようかなと思っています。つい水やりを忘れて、秋バラを咲かせてあげられなかったりしたので。全体的に掘り返したので、水はけも前より良いはず。

 

 

気持ちは庭へ向かうのに、写真を撮っただけでした。

洗濯物を干したら、また庭に行こうかな。