読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

新たなる更地と、中輪、小花

バラ 庭仕事

 

また新たなる更地が誕生しました。

f:id:m-garden-life:20151009170133j:plain

 

ここは元々、2年目のチョコレートコスモスが下の絵の黄色の線のように寝て広がっており、どうにも見苦しくなってきたので、

f:id:m-garden-life:20151009170235j:plain

根元から生えている新しい茎を残して、全部切りました。

(beforeの写真を撮り忘れたために描きました)

 

そしてまたショベルで蹴り蹴り深めに掘りました。またコガネムシの幼虫が2匹出てきて、子どもたちへの生贄にしました。ミミズが何匹もいて、なかなかいい土になっているようです。紫陽花のアナベルも切り戻しました。

 

さて、ここには何を植えましょうか。考える時間もまた楽しいものです。昨日、ジフィーにアキレギアの種を蒔いたので、それを植えてもいいかなぁ。

 

 

現在の庭では、

f:id:m-garden-life:20151009170604j:plain

西洋ニンジンボク・プルプレアが咲いて、

 

f:id:m-garden-life:20151009170654j:plain

バラ’ブール・ド・ネージュ'が咲いています。

 

 

思えば、 私の庭には大輪系の花がありません(多分)。

バラも中輪ばかりだし、小花系が好きです。大きい花があんまり好きじゃないようで。ヒマワリも何やらちょっと怖い。

 

 

私がこれを書いている間、4歳の長女がEテレの「にほんごであそぼ」を観ていますが、カルタ(?)の「あんずるより」に続く言葉として、「ねてまて!」と言っていました。あ、それも良いねと思ったわけですが、ガーデニングはそういう作業が多い。待つのが大事なんですよねー。