日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

紅葉、生長

 

爆弾低気圧の影響で、昨日は恐ろしく強風でした。全国各地で色々な被害が出ているようですが、皆さんの地域は大丈夫でしたか。

 

うちの庭は、ただでさえ遮る物が何もなくて強風なのですが、昨日は本当に台風状態でした。けれど、紫陽花の鉢が地面に落ちていたくらいで、あとは無事でした。

 

f:id:m-garden-life:20151002175035j:plain

ヘンリーヅタが何気に紅葉してます。夕方の庭は半袖ではとても寒かった!

 

 

f:id:m-garden-life:20151002180211j:plain

すごく立派に生長したミントマリーゴールドミモザ (id:mimozaai)さんに教えていただきました!)の蕾の黄色が見えてきました。

 

風通しよく剪定(枝抜き)する程度だったのですが、これで一株ですよ。途中倒れたり、私に踏まれたり(汗)していたのに、すごい生長っぷり。

 

角度がちょっと違うけど、今年の5月↓

f:id:m-garden-life:20151002180858j:plain

右下の小さい山吹色の花が一つだけ咲いているのが、ミントマリーゴールド。ちっちゃ!4、5ヶ月でこんなに生長するって、ハーブだから?とにかくすごい生長っぷり。隣のロータス・ブリムストーンもよく生長してるけど、ミントマリーゴールドには負けるなぁ。(5月なのにスッカスカなのは、ここはこの頃、まだ開拓して間もなかったから)

 

小さな苗だったものが、自分の想像を超えて大きく元気に生長してくれると、グリーンフィンガーズ*1の気分が錯覚的に味わえます。

 

 

そうそう、原種系と黒花のチューリップ、ミニ水仙の球根を注文しました。 秋は春に向けての仕込みの時期なのだと、肌で分かってきました。春にどのように咲かせたいかを想像しながら、植え込むのですよね。この、何界にでもきっとある「肌で分かる感」が、ガーデニング界でもちょっとばかし分かってきたって嬉しい!(こんなこと言って、頷いてくれる人いるかなー?)

 

けれども、生きた庭で想像力を働かせるのはなかなか難しい。まだまだ素人の私にはその想像力がかなり乏しく。絵を描けばイメージ掴めそうだな。写真に描き込むとか。夜とか雨の日には、そういうのも楽しそう。


*1:「緑の指」。園芸の才に長けている人のこと。