日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

小道の脇にダイコンドラ、現在の庭の構想(ほぼ自分用メモ)

 

敷き直した小道の脇に、丸い葉っぱがかわいいダイコンドラを移植してみました。種から蒔いたダイコンドラ。ダイコンドラはグラウンドカバープランツとは言いますが、踏圧には弱いらしいので、踏まないで良いところに植えました。良い感じに茂ってくれることを期待。

 

f:id:m-garden-life:20150920194143j:plain

 

そもそも我が家の庭は、横5メートル×縦4メートルの20平米くらいです。小さい庭だけど、小道っていうのはやっぱり憧れるんですよね。

 

過去(って言ってもたったの1年半の間)に、いろいろとレンガやら枕木風コンクリートを並べ、家の裏手に回れるようの道を作ってみたものの、いろいろ考えてみたら、最終的には、庭の真ん中では椅子やらテーブルを置いて、ボケーっとしたりお茶したり、BBQしたいという願望があり。それなら小道だけ作っても仕方ない感がありまして。

 

広い庭なら「ここはテラスで、こっちは小道で、その周辺にわんさか植栽」みたいなことができますが、小さな庭では植物をたくさん植えれば良いってもんではないと思います。やっぱりローメンテであることも重要ですよね。いくらガーデニングが好きだからといって、面倒臭いと思うような作業は極力したくないもんです。私は。

 

f:id:m-garden-life:20150920195531j:plain

(7月に撮った写真に上書きして見えにくいですけど)

 

今日の一番上の写真は1番のところの写真なんです。歩けば三歩くらいかな?あと小道を作るとしたら、2番のところですね。

 

今、真ん中の辺りはヘリンボーン上にレンガを敷いている途中ですが、レンガが圧倒的に足りない。徐々に徐々にジョジョーにやっていくしかないのか、はたまた変えるのか考え中。

 

小さい庭を立体的にするために、パーゴラも作りたいなぁと思ってはいますが、それは3年後くらいでいいかもなぁ。そうやって悩む時間もまた楽しいもんです。

 

きっと本来なら、全体のデザインを決めてから、整地して、土作りをして、植栽していく、というような流れなんだろうけど。私は一番簡単で楽しいこと(苗を買って植える)から始めちゃったので、いろいろ難しいところも出てきてしまってる。でも、楽しいことがないと続かないよね。

 

一生の趣味にできることと思うほど好きなので、長くやっていきたいです。

 

 

広告を非表示にする