日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

ダンボールコンポスト作り

思い立ったらすぐにやらなきゃ気が済まないタチです。

よく読ませてもらっている庭ブログで、ダンボーコンポストを作っておられたのを見て、私も作りたくなったのです。

 

昔、電気式の生ゴミ処理機を持っていました。その頃は、単に環境のために生ゴミの量を減らしたいというだけだったのだけど、庭や畑を持った今、堆肥を結構消費するので、作りたかったんですよね。

夫担当の畑にコンポストを作る計画はあるものの、なかなか出来そうにないので、一念発起。

 

昨夜のうちにダンボーコンポストについて調べ、まず見たのは無印のサイト

ダンボールコンポスト | くらしの良品研究所 | 無印良品

 

そして、その中で紹介されていた方のブログへ飛びました。

ameblo.jp

 

そして、今朝からせっせと作りました。必要なものは全て揃っていました。

上のブログの白倉さんがとても丁寧に作り方を紹介されていますが、私も一応記録として書いてみます。

 

f:id:m-garden-life:20150805110118j:plain

1.厚めのダンボールの外側の隙間をガムテープで塞ぐ。

2.内側に新聞紙を貼り付け(新聞紙を取っていないので足りず、一部広告紙)

 

f:id:m-garden-life:20150805110135j:plain

3.外に置くので布製カバーを適当にミシンでガガーっと作る。

子どものおむつカバーを作ろうと買っていたフリース。作ることなく数年経過でした。コンポストにピンクっていうのがイマイチだけど気にしない。

 

f:id:m-garden-life:20150805110153j:plain

4.ピートモスともみ殻くん炭の投入

上のブログの白倉さんは「ピートモス12L:もみ殻くん炭8L」で作っておられますが、3:2の比率っぽいので、まぁ大体いいだろうと適当な私は20Lと12Lを全部投入しました。この2つで1200円くらい。

 

f:id:m-garden-life:20150805110221j:plain

全部投入しても余裕があったので良かった。箱が大きめだったかな?近くにあった娘のスコップを借りて、箱の中で混ぜる。(本当は混ぜてからの投入の方がいいっぽい)

 

f:id:m-garden-life:20150805110239j:plain

5.台の上に載せる。

ウッドデッキに置くので、下から空気を取り込めるとは思いましたが、100均で200円のキャスター付きの台を買いました。白倉さんが紹介されている通りです。

 

というわけで、ハコはできあがりました。

初めは野菜くずを少量入れるのから始めると良いようです。今の時期はただでさえ暑いので、発酵もよく進むんじゃないかなー?

このコンポストの経過は追って報告していきますね。

 

生ゴミ減量になるので、環境と家計に優しいし(私の住む自治体では可燃ゴミ袋が有料!)、庭は元気になるし、いいことですよね、きっと。

 

みなさんもどうですか?