読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

カレル・チャペック『園芸家12カ月』

 

カレル・チャペックというと、女子的には紅茶を思い浮かべる方も多いかと存じますが、

 

f:id:m-garden-life:20150613171257j:plain

(付箋で隠してるところは、長女の名前と誕生日が書かれてます。
   所謂、名入れというやつで。アナログな隠し方で、どうも)

最近、寝る前に読んでいる本は、カレル・チャペック著『園芸家12カ月』。



最近買った細めのスコップ(移植ゴテ)とともに撮ってみた。
 

f:id:m-garden-life:20150613171235j:plain


先日行ったガーデニング屋さんで買ったこのスコップ、使いやすい!
ガーデンフォークもほしい。



でね、この本を読んでいると、うんうん、そうそう!と思うこと多し。
植える場所も無いのに、植物を買ってきちゃうとか、花を植えるというより、土を作るのが仕事とか。園芸をやってる人も、そうでない人も、オススメの一冊。


そういえば、私の極小畑には結局、大葉ニラの種をまきました。
上手く育てばいいなぁ。種まきしてから3日経つけど、音沙汰なし。ううむ。