日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

かわいい雪玉

 

思えば退職して以来(って言ってもまだ4日目)、デニムしか履いてないな。そしてメイクもしていない。肌のためには無駄なメイクしない方がいいんだけど、このまま腐っていきたくないはないので(笑)、時々は無理矢理にでもビシッとする機会を作ろうか…などと思うこの頃。

 

さて、スマホからこのブログを見ると下のような感じだと思いますが、ブログアイコンにしているバラはずっとブール・ド・ネージュなのです。知ってました?え?そんなマニアいないか。

f:id:m-garden-life:20170511203341p:plain

 

バラを始めたとき、一重モッコウバラ、ERクロッカス・ローズ、ブール・ド・ネージュという順に買ったのです。見事に分かれていますが、全く意識していなかったけど、その後の方向性を暗示するかのような選び方。

オールドローズのファンになったのは明らかに雪玉(名前長いので、こちらで)の影響です。そんな私のかわいい雪玉が昨日から咲き始めました。

f:id:m-garden-life:20170512110059j:plain

 

今年は冬の移植で根を傷めたのか他の原因か、花の巻きが全然少ない。香りは抜群に素晴らしく大好きな香りなんだけど、夏の花のように巻きがすごく少ない。移植ばかりしてごめんなさい。もうしません。

f:id:m-garden-life:20170512110143j:plain

 

バラは写真に撮るのが難しい。いや、他の白バラはそこまで思わなくて、雪玉だけが難しいかも。一番外側にピンクが混ざるけど、花自体は真っ白 なので、光の加減が難しい。すぐに白飛びしてしまう。

f:id:m-garden-life:20170512110318j:plain

朝日の庭。雪玉には朝日は当たっていないけど。(これは家人のカメラで)

よくわからない理由で2箇所ほど蕾が取れていたので、新しい枝が伸びています。時間差で咲いてくれるからいいかな。

f:id:m-garden-life:20170512110610j:plain

 

f:id:m-garden-life:20170512110639j:plain

花径は7〜8cmくらいかな。やっぱり花びらが少ない・・・これからの花にちょっと期待しよう。

 

2015年に初めて咲いた時、まだマクロレンズを持っていなかったこともあるし、自分の写真の下手さもあって、完全に飛んでる。白バラを日向で撮るべからず。

そして何気にブロ友さんにコメントをいただいていた。あれから丸2年経っている。ガーデナーにとっては丸2年なんて、すぐと言えばすぐですね。ありがとうございます。

 

 

あとは、クレマチスのこと。

白万重って大きい花が咲くのだと思っていたけど、タグを見たら「花径3〜5cm」とあって驚愕。写真で見るだけでは花の大きさってイメージしているのと全然違うってことを今更ながら実感。いつの間にか蕾が。

f:id:m-garden-life:20170512111915j:plain

支柱が残念だけど、背景の立水栓がすごく良くないですか?安レンガで作ったものなのに何だかちょっと感動する。相変わらず、うちのブログの人気記事は立水栓DIYですからね。みんなの役に少しは立っているのかな?

 

'I AM LADY Q'にも、いつの間にか蕾がたくさん。確か、多花性だったと思う。楽しみ〜。

f:id:m-garden-life:20170512112248j:plain

 

 

今日の一枚。 

f:id:m-garden-life:20170512110747j:plain

晴れの朝日の庭は最高に好き。悪いことは何も起きないような、そんな神々しさ。どうか、今日も1日笑って過ごせますように。

 

 

THE LARK ASCENDING 2017 開花開始

 

いつも7時50分には家を出て仕事に行っていたけど、今はその代わりに朝から洗濯機を回せるので家事を終えるのも早いです。だから、そのあとは庭に直行するという贅沢を味わっています。本当に贅沢。しかも家族もいない、ひとりきり。こんなのは初めて。庭との密月ですな。

 

さて、うちで唯一の半八重咲きのイングリッシュローズ、ザ・ラーク・アセンディングが咲き始めました。と言っても、まだ一輪だけど、半八重なので蕾からあっという間に開きます。

 

f:id:m-garden-life:20170511110725j:plain

2012年作出のライトアプリコット色の中輪です。DA社のカタログによると「地面から上に向かって、ちょうどよい間隔で最高15個の花を咲かせます。」とあるのですが、私が数えたところによりますと、やはりうちのラークもきっちり15個ありました。

 

f:id:m-garden-life:20170511111237j:plain

うーん、ちょうどよい間隔というのが上下のことなら、うちはそういうことにはなってないけど、それって剪定で変わることのような気もするけど、どうなんでしょうか。

 

f:id:m-garden-life:20170511111423j:plain

現代のバラにはあまりないような美しい蕾です。スマートな蕾を包む萼が素晴らしい。今年は房咲きになりそうなところは2箇所のみ。しかも2輪だけ。昨年の方がもうちょっとまとまって咲いたような。

 

f:id:m-garden-life:20170511111520j:plain

半八重のふわふわとした軽やかなところが好きです。花は真上を向いて咲きます。

 

f:id:m-garden-life:20170511111705j:plain

手計りということで、こんな大きさで7cmくらい。

 

f:id:m-garden-life:20170511111850j:plain

半八重なので、すぐに開ききります。

 

f:id:m-garden-life:20170511112333j:plain

あと14個の蕾もこれからどんどん咲いてくれることでしょう。楽しみ。今日の花は軽いティーの香りでした。花によって香りが微妙に違うというのも、ラークの特徴かな。

 

今朝の庭は久々に暑かった。太陽のキラキラ感。

f:id:m-garden-life:20170511113925j:plain

 

庭にいると時々、カサッと音がして、そちらへ目をやると私のかわいい友達がいる。

f:id:m-garden-life:20170511112653j:plain

今日は写真を撮らせてくれたカナヘビちゃん。手を差し出したら逃げられたけど、またいつか手に乗ってほしいなぁ。(特別、爬虫類好きなわけじゃないです)

 

 

実は仕事を辞める前から密かに計画していたことがあって、庭ではそれ用のスケッチもしたりして。まぁ実現すればブログで発表させてもらいます。いつになることか・・・

f:id:m-garden-life:20170511112426j:plain

f:id:m-garden-life:20170511112414j:plain

まぁこ、実は絵も描けるのであった。きゃー、まぁこちゃん多才〜!(だから自分で言うなって)

家人は私に「持っているものを無駄にするなー、持ち腐れにするなー」と思うらしい。自分ではどれもそんなことを思えるほどのレベルではないのだけど、そう思われるというのは、まぁ、きっと悪いことではないのでしょう。

 

ターシャは写真を見て絵を描いちゃダメって言っていたけど、それってすごくわかる。実物見て描かなきゃ、その生命感っていうのかな、大事な空気を描けないって思う。今日、久々に描いていて実感した。

ターシャつながりで観たい映画。

こちらは地方のため6月公開。すでに観た方もいらっしゃるようですね。ターシャの長く生きてこその言葉もあるし、ガーデナーとしての言葉もあるし、彼女の言葉にはいつも勇気づけられる気がする。映画館のスクリーンに緑が、花が沢山映るだけで、きっと私はもうしあわせ。

  

開花、開花

 

どうもどうも、自宅警備員まぁこです。(ちょ、シャレになってないんですけど?)

家事を終えて、庭に出て写真を撮ったり、バラの花殻を摘んだりしていたら、どんどん元気になってきて、色々考えてるのも馬鹿みたいで、おかげさまで笑ってしまった。切り替え結構早くなったかな。

こんな私でも意外と以前から切り替えの早いところもあって、全然違う話だけど、大学生の頃、彼氏に一方的にフラれた時、一晩中泣いて翌日抜け殻みたいになったけど、見かねた母に外食に誘われて食べに行ったら、すーんごく美味しくて、「あ!ご飯が美味しく食べられるうちは大丈夫!」と思って、彼氏のことは忘れられた。ちなみにその一ヶ月後、全く何の連絡もしなかった私に(「もう連絡しないで」って言われたから、その通りにしたんだけど)、向こうから連絡してきて復活したっていう経緯が(笑)あの時は「勝ったな!」と思いましたね。ははは。

 

はい、ではここ数日の庭の様子をどうぞ。

 

f:id:m-garden-life:20170510092556j:plain

アイスバーグが咲き始めました。クリーム色がかっていて美しい。このくらいのときが本当に好き。暑い日の午後になると蕾がくしゅんとしたり、下の方の葉っぱが黄色くなっていたので、水が欲しいのねぇ・・・と見かねてあげていたけど、今からこんなのでは夏持たないわよ!と最近はあげなかったところに雨がたくさん降ったので良かったね。

 

f:id:m-garden-life:20170510092932j:plain

そろそろ終盤になってきたジェントル・ハーマイオニー。朝から2輪分の花びらがバサアアッと落ちたので、すごい量だった。伸びた枝が50cm近くて、その先に咲いているため下向きにゆーらゆーらしてしまうので、確かに何かに支えた方がいいのだなぁ。

 

f:id:m-garden-life:20170510093220j:plain

シェッドの壁面に誘引した群舞(ぐんまい)。退職してきました。あ、退職したのは私で、群舞は退色です。はははー。(いや、そのネタいつまで引っ張るの)

 

f:id:m-garden-life:20170510093458j:plain

青いチェリーセージも咲いてきました。ビオラは抜きました。最近、一年草抜き去りブーム。ネモフィラも抜いたし、ワスレナグサも抜き始めてます。一年草の最後の方は見るに耐えないんだもん。種は欲しいけど、この小さい庭で、あの美しくない姿に辟易としてしまう。

 

f:id:m-garden-life:20170510093757j:plain

開花までもう一息のブルボン系のオールドローズ、ブール・ド・ネージュ。

 

f:id:m-garden-life:20170510093904j:plain

相変わらずの咲きたがり、マダム・アルフレッド・キャリエール。

 

そしてキャリエールの邪魔をするようにデカくなってきたホリホック。

f:id:m-garden-life:20170510094007j:plain

「ちょっと私が見えないでしょ!」みたいなキャリエールの声が聞こえなくもない・・・「すまん、植える場所を間違えたのは、この私だ。ホリホックくんは悪くないのだ。これからまだまだ伸びるのだから諦めてくれ。」(え?飲んでませんよ。笑)

 

f:id:m-garden-life:20170510094249j:plain

ギョリュウバイも咲きはじめました。レプトスペルマム”ピンキークィーン”です。かのおしゃれなネット園芸店で購入したもの。こんな可愛いのはそこら辺では見かけない。ワックスフラワーみたいにも見えますね。

 

f:id:m-garden-life:20170510094623j:plain

細かい花ばかりが集まっているので、ここにシャクヤク”コーラルチャーム”を植えていたのに、今年は出てきてくれなかった。ああ残念。昨年の酷暑で枯れたかな?

 

f:id:m-garden-life:20170510094822j:plain

ネペタ”シックスヒルズジャイアント”(キャットミント)は今年本領発揮してきたようで、株張り60cm×草丈40cm超。我が家では遅咲きのバラたちに合わせた開花のよう。ややシルバーブルーな葉色が美しい。でも同じ植栽帯に2株は要らんな・・・どうしよう。次の冬に考えよう(メモ)

 

f:id:m-garden-life:20170510095144j:plain

セントランサス”スノークラウド”も咲き始めた。あぶら虫に好かれるみたいで、あぶら虫にまみれた部分は切り戻した。今咲いているのは被害のなかった場所の花。隣の矢車菊が大きすぎて小さく感じるけど、宿根草だから今年はまだまだだね。矢車菊は本当に大きくて、私の肋骨あたりまである。←わかりにくすぎ。念のため私の身長は164cm。いや、それでもわかりにくい。スケール持って庭に出なきゃね。

 

そして種まき組の定植を始めました。

 

f:id:m-garden-life:20170510095456j:plain

ナスタチューム”ブラックベルベット”。赤グロい、いやいや、赤黒い花が咲きます。グロいかな?(笑)私がハーブ系を植えるのは、益虫来い来い作戦の一貫でもあります。ちなみにナスタチュームは「あぶら虫、コナガの幼虫を寄せつけず、益虫であるはなあぶを引き寄せます。」と愛読書『ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月』に載っています。

 

f:id:m-garden-life:20170510095808j:plain

キャリエールのすぐ下にいつもいるアマガエル。黒い壁色になれないから白いのか、キャリエールに化けて白くなっているつもりなのか(笑)かわいいので、見つけた時は水をかけてあげます。いつも思うけど、アマガエルって猫みたい。

 

今日は雨上がりで寒いです。思えば昨日は1日雨で寒かった。16度くらいだった。今日も今のところ同じような感じ。

子ども達も風邪っぽいし、今週末のモネの庭は行けないかもなぁ。