読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々綴る、庭ブログ

砂利だらけだった小さな庭を地道に作っています。

同い年のバラ

 

今週はもうブログを書く余力など残りそうも無い気がするので、すごーく久々に本日2本目のエントリです。とか言って、めちゃくちゃ疲れている時に限って書きたくて仕方が無いこともあるんだけど。まぁその時はその時で読んでやって下さい。

 

 

さて、私がバラを選ぶ基準は大抵、花姿の好みなのだけど、強香であることや耐病性が高いことも重要視しています。開花した花の実物を見てから買ったことは多分一度も無くて、いつもネットや本を見て一目惚れのパターン。だけど実際に咲いた後にがっかりしたことなど一度もなく、いつも嬉しさでいっぱいになります。

 

そんな私は昨年辺りから、あることをポイントに探していました。それは「1981年作出」のバラ。私と同じ年に生まれたバラを探していました。それが意外となくて、分厚いバラ図鑑を見ても見つからない。(見落としている可能性も大だけど、見た目に惹かれない1981年では意味が無いし)82年や83年というのはよく見るのだけど、サバを読んでも仕方がない。

 

そういえば、ほんの一時期ですが私はプロフィールから「1981年生まれ」を抜いていました。(気づいた人もいないだろうけど…)そんな時、ブロ友さんに「同年代ガーデナーを見つけると嬉しいもので、そういう人も多いのでは」と言われたこともあり、また復活させました。星座と血液型も追加して。(どうだっていい情報ですけども)

確かに私のブログを読んでくださる方は35〜44歳の方が一番多いらしい。それをどうやって判断しているのか、アナリティクス先生に聞かねば分からないけど、ブログもガーデニングも割と年齢が高めなジャンルであるにも関わらず、私のブログを読んで下さる方が(このジャンルでは)若めの方が多いというのは、なかなか面白い。

調べ物をしていて、どこかのブログに辿り着く。目的の記事を読んで面白かったら前後の記事も読んでみる。そして、書き手さんはどんな方かな?と思ってプロフィールを見たりしますよね?歳が近かったら、親近感がわくかもしれない。

 

ちょっと話が逸れましたが、そういう訳で私はやっと1981年作出のバラを見つけたんです。それは、ブルー・ムーン(つる)です。1981年アメリカ生まれ。HTの枝変わり。残念ながら私は剣弁咲きが好みでは無いのですが、地元バラ園のサイトで見つけた写真は何だか素敵でした。だけど、つるバラなので庭を構成する上ではバラ単体だけで見られない為、悩むところ。しかも大輪。大輪ってちょっと苦手意識が。今年、バラ園で実物が見れたらいいなぁ。どの道すぐ植えるなんてことにはならないけど、待機リストには入りました。

青バラを庭のメンバーにするって難しい気がするけど、どうなんでしょう。青バラは昨年に地元のバラ園で実物を見て香りをかいで、ブルー・フォー・ユーに惹かれていたけど、植え場所も無いので保留中。

 

庭づくりに関して色々と妄想するのは楽しくて、しあわせなひと時。それを独り言のようにこの場を借りてつぶやくことが私は多いけど、後から読んだ時の記録になるし、誰かと共有できたら嬉しいと思っているからだと思う。

 

それにしてもバラの話を写真を一枚も載せずに書くとは。以前はガーデニングブログなのに写真を載せていないのを見ると首をかしげてしまったけれど、私は「写真はお借りしました」とかいうのも嫌いだし、そもそもあれって他人様のを勝手に使ってるってこと?その辺の感覚がまったく理解できない。そもそも私は自分のブログには自分の撮った写真しか使わないし。(私を盗撮する家人のものは極たまに載せるけど、自分で自分を撮れないし)

 

よく読むライフハックブログで「自分を殺して人に好かれるより、自分を出して嫌われる方がずっといい」という言葉を目にした。私は無駄に素直すぎるので、完全に後者な訳ですが、無理をしたくないので、それでいいと思って生きてます。はい。

 

では今週を乗り切れることを祈って。皆さんもお仕事ほどほどに頑張りましょう。

 

 

生き物観察の庭

 

こんにちは。いい週末でしたか。

私は明日からハードな仕事が待っていて、毎日の残業が避けられそうもなく、下手したら土曜日も出勤の可能性大だと覚悟中。まぁ頑張るしかないか。ただ腱鞘炎には気をつけよう。

 

f:id:m-garden-life:20170312161957j:plain

テータテート、まだ下を向いてたけど、一応開花。

 

f:id:m-garden-life:20170312162145j:plain

今日はバラの芽出し肥をあげて、ニームオイルを噴霧。希釈したニームオイルをバラやクレマチスに週1程度シュッシュッとしています。昨年、これの効果を絶大に感じたので、今年もしっかりやります。結構独特の匂いがあるんだけど。アブラムシ、ほとんどいないもん。

 

私はバラをはじめとして庭に農薬は使いません。なぜか。

f:id:m-garden-life:20170312162340j:plain

私の庭には、こういう小さな生き物が住んでくれているからです。3月5日は啓蟄でしたが、今日やっと眠りから覚めたカナヘビを見つけました。農薬がどの程度自然界に影響するとか人体に影響するとか、そんなことは素人の私にはわかりません。

ただ、私は小さな生き物たちにはきっと毒だろうと思って使えないだけです。私の庭での癒しは、この小さな生き物たちの観察も大いに含まれているので。

 

【おまけ】

f:id:m-garden-life:20170312161341j:plain

庭や畑仕事に勤しみだすと、土日の昼食作りが疎かになる私(+家人)。今日も昼過ぎてから食べに出ようというパターンで、カフェに行きました。日曜日のカフェってカップルが8割くらいなんですね。ははは。子連れなんて3組くらいでした。そんなカフェ、今は立派なミモザが満開でした。

 

春の命たち

 

暖かく、いい天気。

 

f:id:m-garden-life:20170311125014j:plain

もう明日には咲きそうなテータテート。

 

f:id:m-garden-life:20170311125047j:plain

相変わらず休み知らずのラスティセージ。

 

f:id:m-garden-life:20170311125116j:plain

元気に芽吹いているクレマチス”ロウグチ”。

 

f:id:m-garden-life:20170311125205j:plain

カーディナル・ド・リシュリューの柔らかい芽吹き。

 

f:id:m-garden-life:20170311125239j:plain

マダム・アルフレッド・キャリエールの初の芽吹き。

 

f:id:m-garden-life:20170311125313j:plain

f:id:m-garden-life:20170311125325j:plain

美しいカレンデュラの写真、一枚に絞れずどっちも載せました。

 

ニシキシダ”ピューターレース”が地上にすこーしだけ芽を出していた。あまりにも小さいのでマクロレンズでも上手く撮れずで載せられないけど、今後が楽しみ。

 

 

今朝、今日が3月11日だということを認識して、6年前の今日を思い出した。私は仕事をしていて、妊婦で、大変な地震津波がおこったということだけ聞いていて、帰宅するまで、あんな光景を全く想像していなかった。

被災も被害もしていない私に言えることなど何もない。ただ私に出来るのは、毎日を精一杯生きるということ。どこに住んでいても、大きな地震の被害者になる可能性はあって、私の住む地域でも大きな地震がくるとずっと言われている。回避することのできないことに対して恐怖心を抱いても仕方がない。私は今日を生きるだけ。

 

買うことに向かわない

 

今日は寒の戻りな感じで寒かった。 出勤時の朝の気温5度。

さて、私は開花株を買って植えても大抵のものに愛着が持てないのをことごとく痛感しているので、この頃は園芸店を覗いても全く買わない。色とりどりの花が咲くのを尻目に、先日も畑用の牛糞堆肥と鉢植え用に園芸用土を買っただけ。

単に植え場所が無いし、整えられていないのもあるけど、気持ちが「買う」ことに向かわない。苗だけで無く、そもそもの物欲が消えた。消費者物価指数ダダ下がり中。ショッピングモールにも久しく行っていない。

 

f:id:m-garden-life:20170309174522j:plain

元々、モノをたくさん持ちたくなくて、美しくも役にも立たないものを家に置きたくなくて、こういう感じの住まい。これは引っ越して間も無い頃の2階の部屋だけど、ほとんど変わり無い。

昭和中期頃の医療棚は賃貸住まいの頃に食器棚として使っていたんだけど、新居では必要なくなってしまったもの。だけど大好きなので空っぽのまま置いている。ウェグナーのYチェアは大学卒業時に自分で買ったもの。結構長い付き合いになってきた。

 

 何が言いたいか。私は過去に家人から「買い物依存症みたいに植物買ってない?」と衝撃の一言を言われたことがある。2年半以上前のことだけど、当時、苗代は家計から出していたので、節制しろと言いたかっただけかもしれないんだけど。


私はスカスカな庭を埋めたかっただけなんだと思うけど、待てなかったんだろうな。植物たちが大きくなる時間を。手っ取り早いものを植えたら庭ができると思っていた気がする。

隙間を埋めるのは、所有欲を満たすのは、庭づくりとは別次元にあることなんだと気づき、そして植物たちが馴染んでない庭は、何だか居心地が良くないというのを知るのも、その後のこと。

 

 

f:id:m-garden-life:20170309185744j:plain

そんな訳で、本も極力買わず、図書館で借りて読むことが多い。今借りている2冊。モリスの方は借りる度に毎回ほとんど読めずに返すことになるので、今回こそ全部読みたいなぁ。

 

 今日、斑入り葉のチューリップの芽が出ていた。最初から斑入り部分が見えていて、今後に胸躍る。

 

庭づくり4年目に突入

 

 本日3月8日は(一応)我が庭のガーデニング記念日。以下参照。

 

私の庭、おめでとう。これからも一緒に成長しようね。(ちなみにブログ記念日は不明。元々していたブログから庭のことだけを独立させたブログだし、ブログの引越しもしたりで、この日ってものもなく)

  

 

庭づくり4年目に突入するにあたって、庭に関する色んなことをこの一週間近くかけて徐々に書いていたのだけど、何を書いても嘘くさくて偉そうで、嫌になって全部ボツに。庭のことは、その時思ったことを小出しにしていきます。

人に公開して読んでいただく限りは文章力を磨かねばと思いつつ、いつも考えるのと同時にキーボードを叩いている私の文章は推敲すればするほど、私の心からかけ離れていってしまうので、時間が経つほど自分としてはイマイチになってしまう。

そうは言っても一人で暴走しないために下書きにためておいたりもしているんだけど、そういうものを後から使うことは大抵ない。「こんなの使えん。今、そんな風に全然思ってなーい」という感じで。

こうやって書いている文章だって、過去になれば古くなるけど、今その時の私が出ていることが重要だと思ってる。私が自分の心の移ろいについて書いてしまうことを、私はあまり良いことだと思っていなかったけど、意外と「思い出」にできるのかもしれない。善し悪しは別だけど。

 

今年のほぼ日手帳1月9日のページ下に糸井さんの「ばかなじぶんを水に流して捨てちゃってさ、かっこいいじぶんからはじめるのは、もったいないんだ。ばかの上に、いろいろ積んでったのがじぶんだから。その低さからスタートするしかないんだよね、なぜならば、単純だよ、それがじぶんだから。」という言葉が載っている。

庭を更地にしたいと思わないように(極たまーに思うこともあるけども)、私も私をゼロにすることはできない。格好悪い部分をいくら晒しても、私は私らしくやっていくしかない。そうやって35年間生きてきたんだから。ただ最近チクチクと思う。私は買い被られ過ぎているなと。でも自分のズルさは自分で分かってる。

 

そんな訳で、庭に関することを全然書けないまま4年目に突入です。今年はパーゴラを建てようかと考え中。庭に高さを出したい。そして、4〜5月頃には高知のモネの庭に行きたいので、今から計画しようと思っています。(計画が苦手なので、ちゃんと準備しておくこと。え、隣県だけど?)

 

最後に。

私の小さな庭にはブロ友さんにいただいた種や苗があって、庭づくりをしていなければ出会えなかった人々がいます。人間も庭も未熟な私にお付き合いいただき、いつもありがとうございます。

それぞれの場所で庭をつくって、これからも庭とともに生きていくこと。ガーデナーはいつもどこかでつながっていると思っています。私があげた種や苗も、どこかの庭で元気に育ってくれたら、それだけで嬉しい。それで十分。

私はいつも小さな庭にいて、庭のことを想い、庭を愛する人々のことも想います。庭を、植物を愛する人々が、それらで満たされ癒されて、どうか今日が幸せでありますように。

 

春を待ち望む気持ちは年を追うごとに増していくし、今年の庭は今年だけの庭で、私の日々と同じように、庭にも同じ日が来ることはなく、その一瞬一瞬が特別。どうかどうか4年目もよい庭づくりができますように。

 

f:id:m-garden-life:20170308080027j:plain

 

4年目を迎える庭にて。 まぁこ

 

 

P.S. この頃は皆さんのブログを読みに行っても、はてなスターをつけないことも多く、コメントもほとんどしていませんが、いつも影ながら読ませていただいてます。(無駄に真面目でスミマセン)

 

今日の庭、3月初旬

 

 


大橋トリオ / Bing Bang

 

今日は午前中、庭に出ていました。でも何て言うか、これと言ってすることがなかった。この時期は庭の観察が楽しい。日ごと目に見えて生長する植物たちが愛おしい。

f:id:m-garden-life:20170305164038j:plain

お気に入りの水仙”タリア”。これは一昨年植えた方。昨年植えたものはやっと芽が出始めたところ。こうして見ると、葉っぱが青みを帯びてるんだね。それにしても植え場所を完全にミスっている。今年花が咲き終わってしばらくしたら移植しよう。

 

f:id:m-garden-life:20170305164300j:plain

こちらはミニ水仙”テータテート”。去年は3月4日には開花していたようなので、今年は遅めなのかな?この冬は結構寒かったもんね。でも蕾も見えているので、数日中には咲くかな?

 

f:id:m-garden-life:20170305164419j:plain

八重咲きコデマリの蕾。(なんだか今日の写真は全体的にピントが甘い・・・)

 

f:id:m-garden-life:20170305164504j:plain

アシュードオレンジペコもすっかり開いた。やはり手で支えないと写真に撮れない。

 

f:id:m-garden-life:20170305164838j:plain

カレンデュラも黄色い花粉が出てきて、また違った表情。

 

f:id:m-garden-life:20170305164542j:plain

こぼれ種からのホワイトボリジ(多分)2株をここに移植して数週間。元気よく咲いてくれるといいけど、ホワイトより普通の青いボリジの方が強い印象あり。あの青は透明感があってとてもきれいだった。

 

f:id:m-garden-life:20170305165117j:plain

ランブラー”群舞”の芽吹き。去年の写真がほとんどないので、今年は地道に撮っておこうと決めていますが、この後どうなっていくのでしょうか。ランブラーの凄さを見せつけられる?今にして思えば、このシェッドにもワイヤーを張ればよかったなぁ。そうしたら、もっと横に誘引できたのに。

 

もうすぐ来る、とある記念日用に長ったらしいエントリを書いていたけど、なんだか行き詰まったので、気分転換に今日のことを書いてみた。だけども、やっぱり気分が今ひとつ乗らなかったや(汗)

 

そういえば、家の周りの畑の畦で土筆を見つけました。これから我が家の貴重な無料食材になるので(どんなサバイバル生活なんだよ)、今後、子どもと一緒に沢山採ることになるでしょう。昨年は飽きるほど食べたけど、花粉症にも良いらしいので、まぁ薬的に食べます。薬も飲んでるけど。今年は今の所、ひどい症状もなく。まぁ花粉症歴も24年目?そろそろ卒業していいですか(笑)

 

アシュードオレンジペコ、初開花

 

家人の書斎でMacBook Proを借りて、これを書いているのですが、ふと見ると、『宇宙兄弟』の下に『結局、「すぐやる人」がすべてを手にいれる』という本が積まれています。マジか。それ、俺のことじゃん。普段そういう本読む人じゃないと思うんだけど、家人よ、俺のことを見習う気になったか(笑)

思い立ったが吉日も、先延ばしでいられないのも、頼まれた仕事はすぐやるとこも、私のことじゃね?マジかー。すべてを手に入れられるんだー。あ、「すべて」が何を指すのか知らないけど、確かに十分手に入れてるわ。

と、なんだか金曜の夕方には金麦をお供に気分が良いのです。何もかも、もう気にしないでいられる。わーい週末。気分が楽。だって、もう気にしなくていいんだもん。いろいろ。

 

さて、今日の仕事帰りの車内は暑かったです。温度計15度。暑い。ラベンハムを着ている必要などもうない。

 

帰宅後、もうそろそろ咲いたかなと思って、ブランコの奥を見ると、

f:id:m-garden-life:20170303163957j:plain

おー、開いてる!初めて自分で咲かせたクリスマスローズ。だけど、うつむきすぎて、お顔が見えません。これでもカメラは地面にほぼくっついてますからね?

 

f:id:m-garden-life:20170303164406j:plain

あら、かわいい。

 

f:id:m-garden-life:20170303164518j:plain

私はクリスマスローズにさほど思い入れがないので、いろんな用語はよくわかりませんが、私と同じそばかすちゃんで、かわいいです(私をかわいいと言っているのではないぜ?)

ミヨシの”アシュードオレンジペコ”という品種。我が家のクリスマスローズは原種のフェチダスとこの子の2株。あ、そういえばイエローセミダブルもあったんだ。咲くのは来年だけど。さらに昨年度に開花株を買って地植えにしたけど、なんだかよくわからないけどダメになってしまった。開花株などで甘えていてはいけないのだな。

大体何でもそうなんだけど、開花株を買って植えても全然愛着がわかない。自分で育てたあとに咲いてくれる花こそが、私には価値があるのだとつくづく思う。

 

ローズつながりで、

f:id:m-garden-life:20170303170004j:plain

うちで一番元気な芽吹きっぷりのER ジェントル・ハーマイオニー。すごい元気。こんなに元気だと花にも期待してしまう。

 

今日も私を元気にさせてくれて、ありがとう。

 


大橋トリオ / モンスター feat.秦 基博